【デレ2nd感想】CINDERELLA GIRLS 2ndLIVE PARTY M@GIC!!

みなさんおはようございます(」・ω・)せつです。
もう12月に入ってしまいましたね…。
昨日まで11月だったのに…。

そんな11月最終日に行われたデレマス(モバマス)の2ndライブ、
THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 2ndLIVE PARTY M@GIC!!
の様子・感想を書いていきたいと思います。

 

今回出演者はなんと21名!!
公演時間は約5時間!!
4月の1stライブから7ヶ月でよくもまあこれだけの規模をやってしまったなあ。という思いです。

ステージも21名+ダンサーが踊るのでメインステージが3段、それに+センターステージとかなり大掛かりなものが用意されていました。

開演前にいきなり「ヒャァーーハハハーー!!」と星輝子の声が響き、アニメ版で使うガヤを録ることを発表。その後、ガヤ録りのお礼としてJewelriesシリーズに収録されるカバー曲の『紅』(輝子)、『KISSして』(興水幸子)、『じょいふる』(堀裕子)、『君の知らない物語』(神谷奈緒)なんかを開演前BGMで使用するといったサプライズもありました。

お姉ちゃんいま助けにいくかんねー!

1曲目はMr.シンデレラ曲である『お願い! シンデレラ』でスタート。1万人規模のコールはすごい迫力がありました。2曲目が『We’re the friends!』。これもまた盛り上がりました。

今回のライブは4つの異なるコンセプトの”おもてなし”として歌う曲がわけられていました。
ひとつめは元気な曲を中心としたブロックで、『S(mile)ING!』、『TOKIMEKIエスカレート』、『DOKIDOKIリズム』、『Twilight Sky』、『ミツボシ☆☆★』と、12月に発売されるPa属性の新曲、『絶対特権主張しますっ!』が歌われ、盛り上がる曲がずっと続く構成でした。

DOKIDOKIリズム』では歌詞に「たすけておねーちゃん」とあるが、いままでおねーちゃん(るるきゃん)がリアルタイムで助けにきたことはありませんでした。
しかし今回、妹からのヘルプ信号を受けとった姉がステージにかけつけ一緒に歌うといった、ファンからも本人たちからも期待されてた展開が再現されました。

Twilight Sky』のギターソロ中で定番になったるーりぃのエアギター、本人曰く、大きなステージだからそれを活かしたい。とステージを大きくつかったエアギターパフォーマンスを披露。背の高さが多少気になりましたが、ステージを舞うその姿は妖精のようでした。

絶対特権主張しますっ!』はまだフルバージョンが公開されてなかったけど、モニターに掛け声が表示されたので少しはコールができたかなと思います。また、センターステージが回転してびっくりしました!(この曲のときステージ回ってましたよね?)

花簪~衣装と傘と四季の色~

2つ目のブロックは”可愛くおもてなし”ということで『アタシポンコツアンドロイド』、『エヴリデイドリーム』、『花簪 HANAKANZASHI』、『Angel Breeze』、『お散歩カメラ』、『おねだりShall We~?』、『小さな恋の密室事件』、Cu属性新曲『パステルピンクな恋』、『メッセージ』とテーマ通り、かわいい、優美な曲を披露。ステージや照明を最大限活用して魅せる曲が多かった。

エヴリデイドリーム』で牧野由依さんのステージを観たとき、

「あ、あれは…佐久間まゆじゃないか!」

衣装や装飾がかなりままゆっぽいなって印象を持ちました。

花簪 HANAKANZASHI』ではりっかさまが和装の専用衣装を着ており、ダンサーの傘を使ったアピールが魅力的でした。

お紗枝はんはだいたい和装だからどれが一番今回の衣装に近いのか…。

また春→夏→秋→冬の歌詞と共にサイリウムの色をピンクオレンジ(白)にしてほしいという本人のリクエスト、どれだけのひとが色変えをするのか楽しみにしてましたが、実際会場では7~9割くらいのひとがやっていてしっかりと四季が表現されていました。

Angel Breeze』のステップで脇を閉めて踊ると80年代になるとかなんとかおっしゃってた東山さんですが、28歳の役を22歳が演じるということもあって、東山さんの顔をみながら川島さんボイスを聞くとややませてる女の子という感じがしてかわいかったデスネ。

お散歩カメラ』では曲の間奏で金子さんがシャッターを切るような素振りを見せ、そのときにメインモニターではシャッターを切る映像演出がなされていました。

髪型もN+をイメージしてた(?)みたいですね。

おねだりShall We~?』では他の公演のときよりもダンサーの数を増やし、猫のしっぽもつけるというさすが原宿エリアのボスなだけある気合いのいれっぷりでした。

小さな恋の密室事件』でも桜咲さんが専用マントを羽織ってました。(小梅ちゃんがマント装着してるカードってありましたっけ??)
MCでは”こゆびの先のメッセージ”を、忘れたと言い張る城ヶ崎姉妹に言わされて小動物っぽくなってたのがかわいかったですね。

毒茸とメルヘンとあんきらとエスパーと

ライブタイトルがパーティということで衣装もエプロンをイメージしたものへと着替えており、そのながれでJewelries新曲の『ゴキゲンParty Night』を披露。
それから3つ目のおもてなし、”超・はじけておもてなし”のブロックへ。

このブロックはコンセプトを聞いてもわかるように1つ目のブロックよりもはじけた曲で統一されており、ここがテンションボルテージのMAX到達点であったことは間違いないでしょう。

ステージ上でノースリーブのジャケットを羽織った松田さんが『毒茸伝説』を披露。開演前の星輝子ナレでも会場が湧いていたけど、実際に毒茸を歌うと会場がドドンとヒートアップしてくるのが感じられました。松田さんもなんのためらいもなくすごい奇声を出したり、観客を煽り始めたりと思いっきりがよくて観てるこっちもすごく気持ちがいいんですよねぇ。

お次はみんな大好き『メルヘンデビュー!
三宅さんがセンターステージにいたのでそれを中心に会場から一斉にウサミンコール!!他の曲は予習不足でもこれだけは覚えてきたんだろってくらい会場のコールがすさまじかったです。しかもそれに応えるように三宅さんのパフォーマンスもよりいっそうキレが増してたように見えました。

Cuteのはじけ曲。次もCuの『あんずのうた』。
これもコールの大きさがすごかったです!毎度のカエダーマ作戦のところでは今回うさぎのぬいぐるみが実際に現れてました。

杏の出番が終わり、ゆきんこさんが降壇するかと思いきや、そこからあんきら劇場がスタート。
今回『ましゅまろ☆キッス』ではサビの最中、会場全体で振り付けをすることになりましたが、最後の星☆を表す振り付けでいきなりスピードが上がって、難しくなりました。
ましゅまろ☆キッス、個人的には「ぷにぷにもよろしくにぃ」って煽りのあとぷにぷにコールをしたら「サンキュ!」って短く言ってたのが妙にかわいかったです。

お次は今回初披露曲『ミラクルテレパシー』。(Angelもお散歩もそうでしたが、)
サイキック~ギターソロ!のあとでは急に円形の赤いカーテンが登場。
「あれエスパーじゃなくてマジッ…(ry」とも言われてましたが、あれはテレポートです。ダンサーさんを一回消して別の場所に転移させるエスパーですが、最初失敗して五十嵐さんが出てきたのがおもしろかったです。

残りのはじけ曲といえば『Orange Sapphire』。
原、山本、佳村のよくばりSi☆s(よくばりシスターズ)が担当。会場がオレンジ一色になるのがいいですよね。

トライアドプリムス

最後は”心からのおもてなし”ブロックということで、『Nation Blue』、『2nd SIDE』、『You’re stars shine on me』、『風色メロディ』、『薄荷 -ハッカ-』、『Never say never』、Co新曲の『オルゴールの小箱』とじっくり聴かせる歌をメインにアイマスライブによくある終盤のバラードコーナーに入りました。

2nd SIDE』では松井さんがやってほしいと言っていた、2番サビで虹色(持っているサイリウムを全部出す)を表現してほしいというのが実際になされており、青一色の会場からポツポツと色んな色が現れる様子はアイマスのライブでもなかなか見られない光景だと思いました。

”The シンデレラ曲”の『Never say never』で会場が盛り上がったところでふーりんはそのまま『オルゴールの小箱』も担当。
CDのとき担当してたNation Blueでふーりんいなかったのなんでだろうと思っていたのですが、モニターのタイトル下の歌唱メンバーの名前を見てやっと気付きました。

「福原綾香じゃないか!」

「渕上舞じゃないか!」

「松井恵理子じゃないか!」

「あ、あれは…トライアドプリムスじゃないか!!!」

そうです、そういうことだったのです。

トライアドでのNation Blueは第6弾CDのリリースイベントでやったようですが、今度はオルゴールの小箱。
もうね、3人揃った時の迫力が凄すぎて完全に凛、加蓮、奈緒が見えたんですよ。

美しいお城で美城(346)

4つのおもてなしが終わってライブもそろそろ終演に近づいていた頃。ちひろさんの声が突如聞こえる。
そこでボイス争奪選挙の中間順位とシンデレラガールズのアニメの続報、あとその他色々(未央の誕生日とか)が発表されました。

いままでどんなストーリーなのかまったくわかりませんでしたが、今回のPVでアニメの設定が少しわかるようになりました。

そしてPVでも使われた、アニメの主題歌である『Star!!』を披露。なかなか楽しそうな曲です。それと21人がセンターステージに立ったときは圧巻でした。

輝く世界の魔法』で締めて、アンコールで『ススメ☆オトメ ~jewel parade~』と再び『お願い! シンデレラ』を歌って終演。
アンコールでの挨拶では松井さんによる奈緒のセリフ「みんな大好きだー」が一番印象に残りました。

まとめ

会場が2000人弱の舞浜アンフィシアターからいっきに13000人キャパの代々木体育館になって大きくなった分、ステージのギミックも、床が上がったり、回転したりとかなり高レベルになってました。
それにセットリストもブロックで分けて緩急をつけたことがすごくよかったと思います。
来年からアニメも始まるので今よりファン数も楽曲の数も増えると予想できます。
シンデレラの他のキャラも150人以上いますので、今後シンデレラガールズがどのように展開されていくのかとても楽しみです。とりあえず3rdライブが楽しみ。

最後に・・・
本田未央さん誕生日おめでとうございます!(ぎりぎり間に合ったかな?)

セットリスト引用・参考ファミ通リポート

01. お願い! シンデレラ /全員(21人)
02. We’re the friends! /五十嵐、大空、立花、牧野、三宅、桜咲、東山、原、金子、鈴木、松田
03. S(mile)ING! /大橋
04. TOKIMEKIエスカレート /佳村
05. DOKIDOKIリズム /山本(佳村)
06. Twilight Sky /青木
07. ミツボシ☆☆★ /原
08. 絶対特権主張しますっ! /金子、鈴木、松嵜、松田
09. アタシポンコツアンドロイド /五十嵐、高森、三宅
10. エヴリデイドリーム /牧野
11. 花簪 HANAKANZASHI /立花
12. Angel Breeze /東山
13. お散歩カメラ /金子
14. おねだり Shall We~? /高森
15. 小さな恋の密室事件 /桜咲
16.パステルピンクな恋 /大橋、大空、立花、牧野
14. メッセージ /大橋、高森、福原、青木、上坂、渕上、松井、松嵜、山本、佳村
18. ゴキゲンParty Night /全員(21人)
19. 毒茸伝説 /松田
20. メルヘンデビュー! /三宅
21. あんずのうた /五十嵐
22. ましゅまろ☆キッス /松嵜
23. ミラクルテレパシー /鈴木
24. Orange Sapphire /原、山本、佳村
25. Nation Blue /青木、上坂、桜咲、東山
26. 2nd SIDE /松井
27. You’re stars shine on me /上坂
28. 風色メロディ /大空
29. 薄荷 -ハッカ- /渕上
30. Never say never /福原
31. オルゴールの小箱 /福原、渕上、松井
32. Star!! /全員(21人)
33. 輝く世界の魔法 /全員(21人)
【アンコール】
En01. ススメ☆オトメ ~jewel parade~ /全員(21人)
En02. お願い! シンデレラ /全員(21人)

以上

関連コンテンツ