アイマス7thライブはいつまでも憧れである【765AS】

先週のプロデューサーミーティング2018に参加したら7thライブの話が出てきたのでアイマスにハマった初期の頃を思い出してしまいました。

実際に7thライブに参加したわけじゃないんだけどね。

そもそもアイマスライブの存在を知ったのは7周年公演が終わったあとですし…。

しかしアイマスライブに行くきっかけとして初めて買った円盤作品が7thライブのDVDでした。(あのときはライブの5ヶ月後には円盤を出してたんですねー)

買ったDVDに衝撃を受けてしばらくは何度も見返してました。(ちなみにBDだと1枚のディスクで収まるのにDVDだと2枚ディスクでした)

そんな7thライブの魅力を書き出してみました。

アニメ版アイドルマスターを体現してる

セットリストはアニメ版で使用された曲がメインで組まれていました。

(セトリのページ)

最初のREADY!!→CHANGE!!!!からもう圧倒される内容で、そのあとも定番曲が盛りだくさんです。

終盤のさよならをありがとう→私たちはずっと…でしょう?→いっしょの流れなんかほんとにアニメ版アイドルマスターです。

アニメからハマった人にとってはとても思い入れのある曲ばかりの公演だったと思います。行きたかった。

13人が揃った最後のライブ

5thライブはスタートから全員がいたわけではないので、最初から最後までフルメンバーで走りきったライブはやはり7thライブだけ。

全員のスケジュールが調整できててすごいという気持ちの反面、もうこの先全員揃うこともないのかな…って思う気持ちもつよいです。

全員が揃ったからこそ前述したアニメ再現を満足のいくクオリティで実施できたのでしょう。

これは伝説のライブだと言っても過言ではない。行きたかった。

最後まで全力疾走

アニメの勢いとフルメンバーの影響でしょうか、ほかのどのライブよりもパフォーマンスが高いように見えます。

いっぱいいっぱいとかキラメキラリとか自分REST@RTももちろん横浜アリーナでやってたんですよね?あぁ…。

しかもメドレーまでやっててほんとうにテンコ盛りな内容を駆け抜けてたんだなと観て感じました。

2日目の最後なんてアンコールでほんとに全力疾走してますからね…すごかったです。

1日目と2日目で同じセトリ内容でしたが、初めから終わりまで全力以外を感じませんでした!行きたかった。

さいごに

やっぱりあの空気を現地で味わってみたかった…という想いがありますが…永遠にかなわない憧れです。

トラセ横アリ公演に行ってきました感想

関連コンテンツ