シャニマスおもしろくなってきました

どうも、せつ(@tatitutetotato)です。

シャイニーカラーズですが、放置してるうちにフェザージュエルが貯まってて、貯まったジュエルでガシャを回したらSSRがそこそこ集まったのでちゃんと遊ぶようになりました。

まだ始めてないというひとは一旦始めて、プレイ日数ボーナスが貯まるまで寝かせておくのがおすすめです。

ちゃんと遊ぶようになったといってもしっかりプレイしてるひとたちから見たらログインだけみたいなレベルですし、プレイ時間も週末の空いた時間だけという完全に競争社会からドロップアウトした遊び方をしています。それにまだW.I.N.G.の優勝すらできてないです。

そんな遊び方なのになぜおもしろくなってきたのかというところを今回は書いていきます。

サポートキャラの強化で俺TUEEEEができる

サポートキャラのSSRが増えて来てレベルを上げるチケットもほどほどに貯まるので、ユニットの強化がしやすくなりました。

ちなみにいまのプロデュースユニットの状態

サポートカードは55レベまで上げておいたほうがよいと聞いたのでそんな感じのレベルにしてます。それでもやはりレッスンチケットは枯渇しますね。

これくらいサポートメンバーを強化しておくと、途中のオーディションは結構簡単にクリアできるようになります。そうなると成長できたよーって感じですよね。

それでもゲーム難易度は難しめ

能力の上げ方とかもわかってきてBランクまで進められる確率は高くなったのですが、いまだにW.I.N.G.優勝ができません。

サポートアイドルをもっと強化すればよいのか、能力の上げ方が悪いのか。まあ運の要素もあると思いますが…。

今回はイケる!って思っても負けます。

何が足りなかったのか真剣に考えちゃうレベルで落ち込みます。

そして次こそは!って気持ちになるんですね。他のソシャゲではこの体験なかなかできないと思います。

もはや演出がすばらしい

ボイスがまんべんなく使われていたり、音楽やオーデション曲も最高です。

オーディションといえば、思い出アピールやリンクアピールの演出が好きで、何度見ても飽きません。

思い出アピールはどれもかっこいいです。

リンクアピールが発動すると、ユニットで固めてよかったなーとか、違うユニットでも固めてみたいなーって思っちゃいますね。

やりこみたくなる要素がある

なんどもプロデュースを繰り返してたまにフェスとかやってみるとオリジナリティあふれるユニットってやつを作りたくなるもんですよね。

ユニット固定だとか、ボーカル特化だとか。

そういうやりこみたくなる要素があると、オリジナルユニットを想像するだけで楽しい気分になれます。

ただ、フェスはやっぱり厳しいですね。イージーで遊ぶのがいちばんいーじぇー。

まとめ

徐々に成長する経験って最近減ってきたなーと思ってたので、成長経験ができるシャイニーカラーズは楽しいです。

ただ、頂点まで行こうとするとお金やら時間やら必要になるのは他のゲームと変わらないのかな。しかし頂点を目指そうとするレベルまで到達するのに無課金でも長い間楽しめる時間はあります。

とりあえずは、継続ボーナスを稼ぐためにアカウント作って寝かしておけばいいと思いますよ。

アイドルマスター シャイニーカラーズ ファーストガイドブック

アイドルマスター シャイニーカラーズ ファーストガイドブック

2,138円(12/12 21:33時点)
発売日: 2018/06/06
Amazonの情報を掲載しています

 

シャニマス始めてみました

関連コンテンツ