ヒプノシスマイクの世界観がおもしろい!CDとかの感想

スポンサードリンク



ペンは剣よりヒプノシスマイク

ヒプノシスマイク(略してヒプマイ)って知っていますか?いますごい流行りらしいですね。

自分は最近知りました。アニメイトとかTSUTAYAであのジャケットイラストを見て印象に残りました。

あのジャケットイラスト↓

 

最初の印象は

ラップする二次元コンテンツって既にありそう

とか

俺のマイクがずきゅんどきゅんな薄い本とかありそう

でした。

ジャケ絵が印象には残ったけど作品には触れてませんでした。しかし時間が経ったある日、こんなツイートが流れてきたんですよ。

こんなツイート↓

 

男の税金めっちゃ高い!!

ラップバトルが中世のコロシアム的な見世物なのか!!

精神にダイレクトアタックってなに!?

 

と、ハチャメチャな感じの設定

 

ふむ…

興味しか湧きませんね…

 

武器を取り上げられマイクで戦うことになったあげく、ラップバトルが女たちの見せ物になってる設定って結構気になる。

というきっかけでヒプマイに触れてみることにしました。

ストーリー

(Wikipedia参照)

武力抗争が根絶され、男性に変わり女性が覇権を握るようになったH歴。 男性たちは中王区(ちゅうおうく)外のシンジュク・ディビジョン、シブヤ・ディビジョン、イケブクロ・ディビジョン、ヨコハマ・ディビジョンなどの区画で暮らしていた。 ヒプノシスマイクという人の精神に干渉する特殊なマイクを使い、ラップによる領土バトルを繰り広げる。

(参考):キャラクター&ストーリー&相関図は公式サイトでもチェック

ディビジョン=区の意味なので、シンジュク・ディビジョンってつまり新宿区のことですよね?(まあ池袋区とか横浜区は実在しないけど)

どうして女性が覇権を取ったのか領土バトルを勝ち抜けばどうなるのかヒプノシスマイクの性能の違いが戦力の決定的差ではないのか…など、色々と疑問が浮かんできます。

コンテンツ情報

2017年9月にプロジェクト開始されたタイトルで、2018年の夏時点では今のところはゲームやアニメの展開は特になく、CDとニコ生放送がメインみたいですね。

楽曲について

ラップについては知識が空っぽなのですが、作詞・作曲にHIP HOP界の重鎮や有名ラッパーも参加しているみたいで気合いは感じられます。

公式から上がってる動画を聴いてみましたが耳から離れられません。クセになります。

1.2.3.イケブクロディビジョンー(レペゼンイケブクロー)

普段軽快なアニソンばっかり聴いてるような自分の耳にはいい刺激になりました。

 

ウェルカムトゥザディビジョンーウェルカムトゥザディビジョンー

 

これが精神攻撃ってやつか

というかほんとうにラップで歌ってる

ウェルカムトゥザディビジョンー(頭から離れられない)

CDも聴いてみた

いま出てるCDもひと通り聴いてみました。

1stシーズン(シーズン名はあるのか?)

「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」キャラクターソングCD1「Buster Bros!!! Generation」 イケブ...

「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」キャラクターソングCD1「Buster Bros!!! Generation」 イケブ...

イケブクロ・ディビジョン「Buster Bros!!!」 山田 一郎(CV:木村 昴)/山田 二郎(CV:石谷 春貴)/山田 三郎(CV:天﨑 滉平)
1,762円(11/16 02:24時点)
Amazonの情報を掲載しています

ディビジョンごとのチームメンバーソロ曲CD。どれもラップな感じになってましたが、キャラソン色もつよい印象。

キャラソンだなーって感じたけど、ラップとキャラソンってなかなか相性がよいという発見もありました。

あと、歌詞カードを見るとわかるんですが、文字数がすごいことになってます。

Battle Season

Buster Bros!!! VS MAD TRIGGER CREW

Buster Bros!!! VS MAD TRIGGER CREW

Buster Bros!!!・MAD TRIGGER CREW
1,818円(11/16 02:24時点)
Amazonの情報を掲載しています
Fling Posse VS 麻天狼

Fling Posse VS 麻天狼

Fling Posse・麻天狼
1,830円(11/16 02:24時点)
Amazonの情報を掲載しています

チームバトル曲が1曲と、チームごとで1曲ずつ、合わせて3曲収録されてます。

チームバトルものはヒプマイにしかできない仕上がりになっててすごくいいです。トリプルバトルみたい。

CDドラマ

設定に興味があったわけなので、普段他のコンテンツでは聴かないCDドラマも視聴。ドラマの途中でもラップバトルが入ってて最後まで飽きることなく聞けました。

シブヤ・ディビジョンFling Posseの白井悠介さんが演じる飴村乱数(らむだ)のラップとか超早口で純粋にすごいなーって思いました。

「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」キャラクターソングCD4「Fling Posse -F.P.S.M-」 シブヤ・デ...

「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」キャラクターソングCD4「Fling Posse -F.P.S.M-」 シブヤ・デ...

シブヤ・ディビジョン「Fling Posse」 飴村(アメムラ) 乱数(ラムダ)(CV:白井 悠介)/夢野(ユメノ) 幻太郎(ゲンタロウ)(CV:斉藤 壮馬)/有栖川(アリスガワ) 帝統(ダイス)(CV:野津山 幸宏)
1,818円(11/16 02:24時点)
Amazonの情報を掲載しています

あとやっぱりマイクで戦うのは想像してみてシュールでした。多人数に囲まれてもマイクで勝負するし男性はラップが出来て当たり前みたいだし。まさに某カードゲームの世界。

マイクでラップしたら敵が倒れたり膝ついたりするのもお約束。急な話ですみませんがドンキーコング64を思い出した。

キャラクターについて

各チームのリーダーは元々The Dirty Dawg(ダーティードッグ)というチームのメンバーだったらしいです。

そのチームが別れた理由とかも気になりますね。

4つに別れたメンバーがリーダーとなって各ディビジョン内で優秀な人材を探した結果が他のメンバーということです。

いきなりSideMの話をして多方面に申し訳ないのですが、天崎滉平、駒田航、白井悠介、伊東健人のキャラが全員別々のチームに分かれているのも興味深いです。

キャラデザ的にこのキャラがいいみたいなことはないですが、自分としてはヨコハマの元海軍シンジュクのサラリーマンが気になってますね。

元海軍の毒島(ぶすじま)メイソン理鶯は海軍マッチョな感じのラップでつよそうです。コウモリとか調理するらしい。

サラリーマンの観音坂独歩は普段はネガティブなラップをするけど限界が来たら壊れます。我々リーマンの味方って感じで親近感がありました。

 

コンテンツ全体が決闘場に…

SNSだって戦場

上がり調子なコンテンツのためイベントのチケット争奪も激しいようですが、なにやらチケット譲渡にもラップバトルが勃発してるとかなんとか…。

このツイートをみたとき、ほんとにラップでイベント券の譲渡先とか決めるんだ…って思いました。楽しそう。

公式もノリノリ

ジワジワ込み上げてくるものがあるけれど、世界観を大事にするいい運営だということはわかりました。

 

あと、ホンモノの熱量には敵わないな…ってなった記事がこちら

(参考):ヒプノシスマイクがないと生きていけない身体になってしまったオタクの叫びを聞いてくれ

もっと気になるひとはこちらも参考に

(参考):『ヒプマイ』のココがすごい!”ガチのラップ”と絶賛される理由って?

 

さいごに

女性ものコンテンツだとは思いますが、男性でも十分ハマれる内容でした。

ラップは結構本格的(な気がする)だし、設定も十分おもしろいし、マイクの攻撃を受けて「くっ…」ってなってるのも好きだし。

ハマりそうですね。イベント行ってみたい。あっ…ラップバトルで勝ち取らないといけないくらい人気なんだっけ…。

関連コンテンツ