ライブ後に記憶ないとかそんなことあるわけが

よくライブ後に「高まりすぎて記憶がない」とか「尊すぎて記憶なくした」って言うファンがいます。

しかし、記憶をなくすというのは比喩表現の一種であり、総じてとてもよかったという意味です。

 

記憶が飛ぶこともある

1年前のライブのブルーレイが発売されるとのことで、販促ダイジェスト映像を観ていました。

 

最高に美味な光鍋(?)ハッチポッチフェスティバル感想

2017.10.09

 

しかし、参加したライブのはずなのに記憶のないシーンが・・・

映像で観てたときに「うっそでしょ!?」って声を出してました。うっそでしょ。

ほんとうに記憶がなかったからびっくりでした。

1年前だから記憶が飛んでたというよりは、最初から認識できていなかった気もする。

このときのライブはそれくらい脳が追いついてなかったとも言える。

 

オタクの記憶がなくなるには根拠がある

「ライブの記憶がない…」って言ってるひとも比喩は比喩でありますが、あながち間違いでもないようです。

“「好き」という高ぶった感情を抑えながら見た情報は記憶に残りにくい”そうです。

確かにじっとして泣くのをこらえてるひとが終演後に記憶を無くしてるのをよく見る気がする…。

高まりすぎて記憶を無くしたひとはそもそも記憶することを放棄している説が濃厚になってきました。

 

さいごに

なぜ記憶をなくすのか。

それはいろいろな感情が渦巻きすぎてごちゃごちゃになっているものをクリーンアップし、新しい記憶を取り込むための領域を空けているからだと自分は思います。

脳の仕組みには詳しくないですが、ライブというのはそれだけ情報量が多いということなのでしょう。

なので、よく記憶をなくしているひとは大切なものを頭ではなく心で保管しているのだとも考えられます。

記憶にはないけどすっごくよかった。

記憶はないけど楽しかった。

心が覚えているんですね。

さすがに何を歌ったかくらいは記憶に残ってたと思ってたんですけどねー。

ライブ後はなぜ仕事が手につかないのか!?

2018.06.05

関連コンテンツ