【シンデレラ7th】千葉公演1日目感想〜コミカルポップとはいったい〜

2019年9月3日、4日に行われたシンデレラガールズの7thライブ「Special 3chord(スリーコード)♪ Comical Pops!」に参加してきました。(幕張公演1日目)

千葉公演はComical Pops!(コミカルポップス)という名目で、笑いわかりやすさを追求した公演であり、たしかに全編を通して“楽しい”が強調されていたように感じました。

2日目の感想はこちらから

【シンデレラ7th】千葉公演2日目感想〜山下七海さんの膝の裏〜

2019.09.05

名古屋公演の感想はこちらから

【シンデレラ7th】名古屋公演1日目感想〜なんでDJ KOOがアイマスに!?〜【ナゴヤドーム】

2019.11.10
スポンサードリンク

会場(幕張メッセ)の雰囲気

会場のある幕張メッセは多くのイベントでなんども通っている場所ですが、今回の会場は国際展示場9-11ホールを使用していました。

国際展示場9-11ホールについては以下の記事でも触れております。

【シンデレラ7th】幕張メッセ国際展示場にご注意を【千葉公演】

2019.05.29

会場の中はいつもどおりのフルフラットでしたが、ステージがすごいことになっていました。

メインステージ、センターステージの他にもステージが左右に2つ、合計4つのステージを行き来するような感じでした。座席によっては見えないステージもありましたが、すごいわくわくしました。

また、会場周りには公式フラワースタンド(フラワースタンドとはいったい…)やパネルなどがありました。

天気事情はあまりよくなく、入場時には雨が降っていました。

試されし平日ライブ

今回いちばんの特徴はライブの開催が水曜日と木曜日というド平日開催ということでした。(ライブ前説のちひろさんも平日開催について触れていた)

しかし平日開催にも関わらず会場付近の広場はたくさんのひとがおりました。(みなさん有給取得なり仕事調整なりがんばったんだろうな…)

もちろん平日開催なのでライブに行けなかったひともたくさんいましたし、有給を取れても1日だけというひとも見かけました。

これからの時代プロデューサー活動をしていくなら土日休みだけでは条件を満たせないという厳しさ。有給の取りやすさや月初の仕事調整ができるかどうかなど、まさに働き方改革。週休8日を希望する。

スポンサードリンク

千葉公演day1セトリ

いつからかわかりませんがアイマスの公式ブログにセットリストが載るようになりました。

OPENING
1 Vast world
2 comic cosmic
MC トーク
3 ハイファイ☆デイズ
4 サイキック!ぱーりーないと☆
5 きゅん・きゅん・まっくす
リアルシンデレラガールズ劇場①
6 なつっこ音頭
7 LOVE☆ハズカム
8 Halloween♥Code
リアルシンデレラガールズ劇場②
9 ドレミファクトリー!
10 Twin☆くるっ★テール
11 気持ちいいよね 一等賞!
12 あんきら!?狂騒曲
リアルシンデレラガールズ劇場③
13 O-Ku-Ri-Mo-No Sunday!
14 秘密のトワレ
15 Gossip Club
リアルシンデレラガールズ劇場④
16 to you for me
17 君への詩
18 キミのそばでずっと
リアルシンデレラガールズ劇場⑤
19 あんずのうた
20 Kawaii make MY day!
21 Radio Happy
22 Blooming Days
23 楽園
24 明日また会えるよね
MC トーク
25 TAKAMARI☆CLIMAXXX!!!!!
26 SUN♡FLOWER
27 秋めいて Ding Dong Dang!
28 Orange Sapphire
29 サマカニ!!
30 LOVE & PEACH
31 無重力シャトル
トーク
32 M@GIC☆
ENCORE
33 TRUE COLORS
最後のご挨拶
34 お願い!シンデレラ

千葉公演day1感想

全編を通して、盛り上がる系の曲でひしめき合っていた印象を持ちました。ひたすらに楽しい!と感じるライブでした。

終盤のOrange Sapphireからサマカニ!!をやっちゃうところとか昨今のアイドルマスターライブの特徴が表れていましたね。

ゆずのLOVE & PEACHカバーから無重力シャトルもすごく楽しかった…。

今回なんといっても衝撃的だったのは大槻唯、城ヶ崎美嘉、藤本里奈のユニット「セクシーギャルズ」の新曲Gossip Clubのサプライズ披露でした。

O-Ku-Ri-Mo-No Sunday!から秘密のトワレと、どちらかと言えばポップではなくダンサブルな流れになってきたところでバリバリなダンス曲のGossip Clubが飛んできて”コミカルポップス”が一度違う時空へ消えていきました。

あとはライブ初登場の天野聡美(白菊ほたる役)さん、立花日菜(久川凪役)さん、長江里加(久川颯役)さんがとても初々しくてよかったです。

久川姉妹は髪型もそうでしたが、精一杯キャラに歩み寄ろうとしている意識が見え隠れしていてとってもいいなーと思いました。なーちゃんとはーちゃんを感じました。わかりみです。

ライブの転換MCとして用いられたリアルシンデレラガールズ劇場はコミカル要素の多いネタが多く、とても和みました。サイキックドーナッツは約束された勝利。

その他感想

せつ
名古屋公演、大阪公演も現地で観戦したくなってきました…。

関連コンテンツ