【ミリオン】LTH05,06イベ(昼の部)感想【復活記事】

2014年12月14日に書いてた記事をサルベージしました。(中身もそのままです)

========================================

12月13日に「THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HARMONY 05,06」発売イベント第一回公演へと行ってきました。

▼LTHイベとは
まず、そもそもLTHイベってどんな感じなの?ってひとのために、自分の解釈ですが説明したいと思います。だいたいのひとは読み飛ばしてレポートまで行っちゃってください。

・LTHイベとは2ヶ月単位で発売されるTHE IDOLM@STER LIVE THE@TER HARMONY(LTH)のCDに封入されているシリアルコードを入力して申し込む形式のリリースイベントです。
・所要時間としては今回がトークパートで15分くらい、ライブパートで60分くらいだったので、だいたい開演から1時間30分くらいだと思われます。
・昼の部(第一回公演)と夜の部(第二回公演)で400人ずつ招待されますが、個人情報ではねられるので昼夜重複当選は不可能です。
・当選の場合は当選日にメールが来ます。落選の場合はメールすら来ません。
・整理番号は当選時のメールに表記されています。
・入場時に個人情報照会があるため自分で申し込んで当てるしか方法はありません。(会場限定グッズは当選者以外でも買いに行けます。)
・会場は都内某所ですがさまざまな場所でやります。01,02は浅草橋、03,04は下北沢、05,06は千代田だったそうです。
・あと、CDが月末発売でシリアル申し込み期限がたいていその月いっぱいということが多いので注意。

LTHイベントの説明終わりだよー(○・▽・○) こっからレポートだよー(○・▽・○)

▼LTH0506イベ(開演まで)

1418449761_IMG_2002

今回の会場は千代田区の科学技術館サイエンスホールでした。(来年1月のデレパ公録と同会場らしい)

すぐ近くに武道館があるんですねーびっくりー(*゜0゜)
1418446920_IMG_2001

YAZAWAさんのライブがあるみたいでした。

会場に集合してから開演まで1時間半ありまして、早めに入場できた自分は開演までに結構時間がありました。
ただ、この開演前の時間嫌いじゃないんですよねー。
なんかこう血が冷たくなるっていうかさ!
tigatumetaku

で、その時間にフラスタ(フラワースタンド)を見てました。
1418452514_IMG_2004
1418452534_IMG_2005

みやあああああああああ

 

3つ目のフラスタ見てない…。

こんなすごいのもあったのか…。

開演前BGMはつっPDJ(ランティスのひと)によるLTP、LTHの曲を繋げた感じになってました。

会場限定グッズはほぼ売り切れてました。終焉後に自分もTシャツを買おうかと思ったらSサイズしか売ってなくて断念。

▼トークパート

開演のあいさつ。並びは左から
村川梨衣さん(りえしょん)、
渡部恵子さん(ケイちゃん、けいこおねぇさま)、
渡部優衣さん (ゆい㌧)、
藤井ゆきよさん(ゆきよさん)、
桐谷蝶々さん(ちょっちょさん)、
上田麗奈 さん(うえしゃま)
のリコッタと灼熱少女の並び。
服装はランティスのツイート参照(ゆい㌧はHARAPEKOシャツ着てた)

みんな背が高いなーと思ってけど、ゆきよさんがりえしょんの後ろに並んだとき、あたま一個すっぽり出てて、
ゆきよさん背高ええええ(゚o゚;; 。o(りえしょんが背低いだけか..?)
ってなりました。
けいこおねぇさまと蝶々さんが実は昔知り合ってたとのこと。かなりびっくりだよ~(*゜0゜)
ケイちゃんの言い訳では「ずっとガラケー使ってたからプロフィールの写真が小さく映っててわからなかった」とのことw

今回、ぴょんころもちの1人も参加していない国内初のミリオンイベだったので、世界初のイベ参加者のゆい㌧がMC。
リコッタvs灼熱少女のユニット対抗で、どれだけ意思疎通が取れてるかという感じのチャレンジをして、チーム3人の答えが同じになっていればポイントという企画。

「相手ユニットのキャスト(イベ参加者以外も可)で教育(指導?)が上手いひとは?」というお題で、灼熱少女側の答えは、
ゆきよさん「えりこさん」、うえしゃま「えりこさん」のなか、
ちょっちょさんは「はるかさん」と回答。
あぁ^~ってなりました。

勝利者は灼熱少女チーム。景品のスイーツはリコッタにちなんでマドレーヌだったのですが、
リコッタチームが妬みで先に開封。中身を物色してると、ゆきよさんが「はやくちょーだい!」と、
なんかこう見てるとやんちゃしてる奈緒、亜利沙、桃子のリコッタ姉妹と焦らされてる恵美がそのまんまだったな~って( ´▽`)

メモ
りえしょんは体と口が直結してるのかと思うくらい、しゃべってるときはずっと体が動いてる。
あとうえしゃまに向かって「落ち着いて」って言ったときは会場が\ドッ/となった。
ゆきよさんはりえしょんを飛び道具と言い放つなど、感じのいい毒舌(?)が恵美っぽい。
けいこおねぇさまは写真とかも見る機会がないので最初見たとき誰かわからなかったが、「踏み台搭載済みでーす」はすごいキャッチーなあいさつだった。
てふてふ〜。

▼ライブパート

●ライブパートになって最初に歌ったのがりえしょんで『Up!10sion♪Pleeeeeeeeease!
最初だけ歌う前にMCが入ったのでサイリウムの準備オッケイで望めました。

1100d7ba460642a632改
亜利沙持ちは腕が3ターン死にますw
感想としては「あ~、楽しかった~!」以外の言葉がいらないくらい楽しかったです。
りえしょんはMCでも「一緒に歌ってくれますかー?」って言うくらい会場との一体感を大切にしてくれてそうなひとだし、ライブ中もすっごい煽ってくれるのがよかったです。てかあの曲息絶対続かないでしょw

●それからうえしゃまの『恋愛ロードランナー 』。
Up!10sion♪のMCが曲前だったので、曲後すぐにロードランナーに入って自分の腕と喉のライフはもうゼロでした(゜▽゜*)
うえしゃまは見た目かわいい系ですが、曲調と相まってロックンなパフォーマンスになっており、

かわいい×ロック=爽やか

という計算式が成り立ってました(個人感)。
ギター演奏のときのドゥルッドゥルッドゥルー\Hi!/ドゥルッドゥルッドゥルー\Hi!/って煽りは、慣れるのに時間がかかりましたが、いままでのアイマスにない形式のコールで楽しかったです。

●自分がひそかにスタスタと略している、ガラケー使いケイさまの『MY STYLE! OUR STYLE!!!!
なんか今回一番高まった気がする。
おねぇさまめっさ動いてた(゚o゚;; あの格好だから重火力アタッカー的なかっこいい振り付けなのかと思ったら重火力に加え速攻型な振り付けでした。
サビの振り付けは思ってたとおりヒーローモノ的な、腕を「ガールズパワー」で突き上げたり、「期待してなさい」で突き出したりしててかっこよかったです。
MCでは踏み台(HUMIDAI)についての小言(?)を少々。

●続いて蝶々さんの『初恋バタフライ 』。
曲蝶に合ったフラメンコのような手拍子や、指折り数えて~のところでちゃんと指を折ってたりと振り付けにも工夫がなされていて、腕をふわっと回したり、ひらひら~とさせたりと、情熱さに加えて優美さもありました。
歌もずっとキャラ声で歌われていて、初ステージなのにしっかりとしているなーという印象でした。
MCでは歌詞の「さなぎが蝶にかわる~」のところの想いを言ってくれたりしてました。
ミリラジでも言われてた独特な感じが実際にあって、宮尾美也の中の人が蝶々さんでよかったなーという気持ちが以前より増した感じです。

●ゆい㌧の『Super Lover 』。
普段とは違う挑発的な視線、魅惑的なオーラ。スパラバをしっかり表現していたと思います。
ハッピー☆ラッキー☆ジェットマシーンほど体をガンガン動かさない曲にしろ、Da属性横山奈緒の中の人なだけあるキレのある振り付けはやはり文章ではなかなか伝えられない…。
そのあとのいつもの満面の笑みはスパラバのときとのギャップでこれまた破壊力が増してましたね。
MC言わく歌詞は狼男がモチーフとのこと。 狼男と狼少年は別ものだよね(o・∇・o)?

●『フローズン・ワード
前回のパーリータイムのような明るい曲とは違った、恵美の別の表情を歌ったフローズン・ワード。
ゆきよさんの腰の動きがあぁ”あぁ”あぁ”あぁ~”あぁ~”(制御不能)。
最後に髪がバサってなってるとこまですべてが最高にクールでしたね。
歌詞を意識しすぎると胸が熱くなってだめと言ってましたが、それでもかなり感情が入っていたように感じました。

●『Welcome!!
自分は会場上手側に位置していたので、目の前が蝶々さん、ゆい㌧でした。圧倒的感謝m(_ _)m
ゆい㌧の煽りがはつらつとしてた。それにすごいゆい㌧スマイル。。

毎回あれだけはしゃいでたらブーツの消耗も早いだろうな。。。
蝶々さんは最初表情が硬かったけど、途中からいい表情になってましたねー。
はいポーズ!のとこもほんとによかでした(´∀`)アリガタヤー

LTHイベはおっきなライブとまた違って密な感じがいいですね(時間的にも空間的にも)
あと2回しか残ってないはずですが、これから行かれるかたはがんばってくださいっ…!

〈おしまい〉

 

 

 

 

 

 

ゆきよさんブログ

関連コンテンツ