【アイドルマスター】担当アイドルの決め方【実例あり】

どうも、せつ(@tatitutetotato)です。

アイマスの担当アイドルってどうやって決めればいいの?

結構悩んでるひとが多い疑問だとは感じています。

であれば、自分が今の担当アイドルをどうやって決めたのかを書けば少しは役に立つのかもしれない…。

そんなことを思ったので、

  • 担当アイドルの条件
  • 現在と過去の担当アイドル(実例)
  • おすすめの決め方

について書いてみました。

担当アイドルに決まる条件

正直言えば、担当アイドルが決まるきっかけというのはさまざまで、

  • 見た目から入る
  • エピソードで決まる
  • 中の人(声優)から入る
  • その他もろもろ

ただ、自分が担当アイドルとして決める条件があるとすれば、可能性(伸びしろ)を感じたかどうかなのかなと思います。たぶん。

もちろん担当アイドルになる条件なんてものはひとそれぞれなのですが、トップアイドルとしてステージに立ってる姿を観てみたいと思えるのであればそれはもうホンモノだと思います。

逆に外見や性格が好みなだけという場合、自分は推しアイドルという言葉を使って区別しています。

応援したいという意味では、Pもファンもあまり変わらない気がしますね。

現在の担当に決めた経緯

現在自分の担当アイドルはミリオンライブの宮尾美也と最上静香です。

宮尾美也

ミリオンライブも始めた頃は豊川風花とか高山紗代子とかが見た目的にはいいなと思っていたのですが、とあるサッカーイベントのときにあきらかにバレーボール(ハンドプレー)をしている少女がいたので、

「フッ、おもしれー女」

みたいな興味本位でユニットに組み込んでいました。

その後、しばらくして少女から「トップアイドルになれると思いますか?」という質問が来たので、他のアイドルと同じ様に「なれるさ」と返したのですが、

彼女はそこで、「そういえば、トップアイドルよりもすごいアイドルになる予定でした〜」と返してきたのです。

全アイドルの最終目標であるトップよりも先を見据えている…だと…!?

という予想外の回答による衝撃が、宮尾美也という少女をとてもすごいアイドルにしようと思った瞬間でした。

なんというか、”この先”を見届けてみたいという気持ちが芽生えてしまったのですね。

【ダイマ記事】宮尾美也は振り向かない

2018.08.01

最上静香

ゲームから決めた宮尾美也とは違い、最上静香は中の人(田所あずささん)からの流入でした。

もともと声優である田所あずささんのアーティストとしての活動を個人ライブで観ており、当時の成長の速さを感じていました。

そしてミリオンライブ3rdツアーで大阪、福岡、幕張公演に出演した田所さんが1公演ごとにだんだん成長している姿がすごくて、不意にアイドル最上静香と重なって感じるようになり、だんだんキャラと中の人の2人に引き込まれていきました。

そして決め手は3rd幕張公演の2日目、

ありがサンキューでやられました。

↑これです(ほんとに)

成長速度のめまぐるしさからプロデューサーというよりはファン寄りな目線でいたのですが、

例の盛大なやらかしのおかげで

まだまだミリオンライブには自分がいなきゃダメなんだ…!!

という母性本能(?)のようなものが一気に放出しました。

あとちょうど同タイミングでゲッサン版ミリオンライブも盛り上がってたのも最上担当になるきっかけだと思います。

ゲッサン版ミリオンライブは一本筋の物語

2018.08.05

あとはちょうどPrecious Grainのカードが被弾したのもデカいかもしれない。ガチャ課金をすることで後に引けなくなった感。そのまま周年イベント初走りしました。

元担当アイドルの経緯

宮尾と最上以外にも担当として呼んでいたアイドルがいました。

担当になったきっかけと今は離れてしまった理由を書いていきます。

天海春香

自分がアイマスを始めて最初に担当アイドルとして決めた子が春香でした。

理由としてはアイマスSP(PSP版)のパーフェクトサンで最初にプロデュースしてストーリーモードを最後までクリアしたアイドルだったからです。

ライバルである我那覇響のことを親身に思う気持ちがとてもよかったです。

さらに、天海春香は正統派なアイドルだと思っていたところに「I Want」というとてもクセのある変化球をぶち込まれ、彼女の魅力が一気に拡がったのも大きな要因でした。

ただ、 2014年のアイマス劇場版『輝きの向こう側へ!』でリーダーとして大役を果たしていた頃から

もう彼女は自分がいなくてもちゃんとやっていけるだろう

という考えが生まれてしまい、いまではファンのひとりというポジションに収まってしまいました…。

劇場版における天海先輩語録

2015.03.25

神谷奈緒

いちおうシンデレラガールズのほうからも担当アイドルを決めようかなと思っていたときに決めたのが神谷奈緒でした。

理由としてはツンデレいいなーとか松井恵理子さんのパフォーマンスが素敵だったーとかそれくらいの感覚です。

まあきっかけはなんでもよかったのですが、離れてしまった問題はモバマスを全然触れなかったというがところでした。

20コスのカードが追加されても、手に入れるの無理だなーとなっていました。

いまはシンデレラガールズにはクール属性を中心に推しのアイドルは結構います。

あと、松井恵理子さんのアーティスト曲「ワスレモノ」はとてもおすすめです。

にじようび。【通常盤】

にじようび。【通常盤】

松井恵理子
637円(12/10 14:32時点)
Amazonの情報を掲載しています

おすすめの決め方

自分の例を挙げましたが、まだ担当アイドルが決まらないというひとにおすすめがあるとすれば、

決まるのをじっと待つ

それだけでいいです。まさに運命の出会い的なやつですね。

アイマスのアイドルは

765ミリオンで52人、シンデレラでは約200人、シリーズ全体では300人以上います。

それだけいればティンとなる子がきっと見つかります。

具体的な方法としては、

最初は見た目やカードイラストで興味を持ち、そのアイドルに触れてみる。(おさわりという意味ではない)

すると、とあるコミュやイベントのセリフがきっかけでどんなアイドルなのかがわかるようになる。

そして、この子ええやん…ってなったらあとは担当を名乗るだけ。

担当と呼んでいいかどうか問題は知識の問題ではなく、そのひとの決めの問題なのでご安心を。