【アイマス】どっちのお嫁ショー

スポンサードリンク



まあ、新潟県の6歳の女の子なんておらんのやが…。

どっちのお嫁ショー

シンデレラの6thライブで「アツアツ♪マカロニグラタン」「With Love」を聴いてしまって、

僕の中でも完全に嫁キャラと成してしまった五十嵐響子(15)。

え…?15歳なの…!?

【デレ6thナゴド2日目感想】また会えるときへ

2018.12.03

対するは765シアターが誇るオムライス師匠こと佐竹美奈子(18)。

ちょっとそこのひと、胃薬飲まないで。

オムライス師匠と美奈子先生と味覇

2018.09.26

僕としてはどっちもお世話好きだしお料理得意なんですだしでいいお嫁さんになるんじゃないかなーって思ってるんですが、

果たして、どちらのほうがヨメリョク(嫁力)が高いのか…。

そんなことがふと気になったので冒頭のアンケートを投下させていただきました。

炎の3本勝負

せっかくなのでバラエティ風に対立してもらいます。

勝負の内容はこちら

  1. ママ度対決
  2. オムライス対決
  3. 歌対決

ママ度対決

やはりお嫁さんといえばママ。

ちょっとずれてきた感は否めないですが、アイドルたちの母性を紹介していきましょう。

ピクシブ大辞典でのキャッチコピーが「愛とカロリーを振る舞うアイドル」な佐竹美奈子さんから

あーこれはママになる。

おぎゃママになりますよ〜。

続いて「家事万能お嫁さん筆頭アイドル」の五十嵐響子さん。

ママ若い!!

ワカママミラーハートですよこれは!!

あとよしのん(16)ごめん!!

オムライス対決

やはり奥さんといえばオムライス!

オムライスといえば奥さん!

絶対に負けられない戦いがここにある!

今回は奥響子さんから

ハンバーグまで付け足す嫁力がすごい!

嫁オムライスならぬ妻ライスですよ!(ケチャップ以外はなにもかかっていません)

お次はオムライス師匠こと奥美奈子さん

オムライスを作る描写がないのだが…。

ひとに教えるレベルなのですごいオムライスを作れるのは間違いないのだが、

いかんせんオムライスを作る描写がないのだがっ!!

歌対決

アイドルならさいごは歌で勝ち負けを決めろ!!

この勝負に勝ったほうが勝者だ!(おやくそく)

佐竹美奈子「満腹至極フルコォス」(読み方:まんぷくしごくふるこぉす)

お嫁さんというより美食屋みたいな曲。

たぶん最愛のひとのために人生のフルコースとか用意してるに違いない。

作詞:安藤紗々、作曲・編曲:ラムシーニ

 

五十嵐響子「アツアツ♪マカロニグラタン」

「ふっふっふーと思ったときには既に、同棲は始まってるんだぜッ!」

作詞作曲:ヒゲドライバー

おわりに

はい、というわけで

ちょっとした疑問から発展していった今回の企画は久しぶりに自由に書いたなーって感じの記事でした。

こんな企画記事を書いておいてアレですが、

いい嫁というのはみなさんひとりひとりによって違うものですし、

中には嫁というものに縁がないこともあるよねーとは言っておきたかったです。

ではでは。

関連コンテンツ