ミリシタがつまらないと感じる理由【成長の実感】

ミリオンライブシアターデイズ、略してミリシタ。

確かにアイドルのモデリングは魅力的だし運営の改善対応も早くて丁寧。

おまけにサプライズも上手くて年に12回くらいはひっくり返ってる。

けれど、毎日プレイをしているとふと思うことがあります。

なにかが物足りない…。

ミリシタは顧客視点を逆手にサプライズを仕掛ける畜生【記事紹介】

2019.01.14
スポンサードリンク

プレイヤーの成長がない

ミリシタになにかが足りていない感覚。

それは、プレイヤーが成長していると感じる要素がないのが原因でした

2019年からシャニマス(シャイニーカラーズ)にハマり出して気がついたことですが、

シャニマスの場合は

シーズン突破→W.I.N.G優勝→TrueEnd獲得→Sランク達成→グレードフェス上位

と段階ごとに壁があり、最初は全然思うようにいかなくても、知識や経験で壁を超えることができます。

壁を超えるとどうなるか。

プレイヤーは成長を感じることができ、達成感が快楽に変化します。

昔からの名作ゲームだって成長を感じながらおもしろくなっていってたはずですが、最近はアプリゲームに触れてばかりだったせいでそんな感覚を忘れていました。

ミリシタは成長の実感に乏しい

ミリシタにも成長を感じる要素があるぞという意見もありますが、

正直に言えば微妙だと感じています。

フルコンできるようになったとき

フルコンが取れるようになると確かに嬉しいですよね。

ただ、フルコンを取れても取れなくてもアイドルは日常の表情を変えたりはしませんし、イベントのptにも影響はありません。(もちろんスコアランクを狙うというのであれば別ですが)

つまり、壁を越えたときの満足感はあれど報酬がイマイチです。

イベントで上位に入ったとき

イベントで上位に入ってアナザー衣装を手に入れようとしても、そこで必要になってくるものは資産と時間と気合いくらいのものです。

カードごとに獲得ptの差があるわけでもなくイベントの走り方に明らかな効率アップが望めるわけでもない状況だと、予想されるボーダーに乗せるようにポイントを稼ぐだけの作業にしかなりません。

その点で言えばGREE版ミリオンライブ(グリマス)の方がデッキの強化や同僚との連携など、成長(課金額)を感じる部分は多かったです。(自分は潜在スキルの登場で冷めてしまいましたが)

スポンサードリンク

投票企画(T◯企画)はいいぞ

ミリオンライブの投票企画(シアターブーストとかシアターチャレンジとか)はひとによって賛否が分かれる企画ですが、自分としてはこのまま続いてほしいです。

投票企画を言い換えるなら、SNSを巻き込んだリアルのオーディションバトル

15枠の仕事に対してどこで担当を勝たせるかのゲームです。

しかもこの企画は人気のキャラであれば必ず勝てるわけではなく、流行が変化するように役とアイドルと聴衆との相性もあります。

そんなアンバランスなルールでも負ければくやしいですし、勝てれば嬉しいです。

勝つには仲間内での団結力や作戦のセンスも必要になっており、成長できる要素は様々です。

【ミリオンライブ】投票企画で理想の役より狙える役を選ぶ理由

2019.01.22

さいごに

ミリシタはいまさらリズムゲー要素を削るわけにもいかないので、

リアル企画で色々とおもしろいことをやってくれたらいいなーと思っております。

もちろんアイドルを愛でるゲームとしてはすばらしい出来栄えですし、今回の意見は裏を返せば初心者にやさしいということなので、まだ遊んでないひとはアプリをダウンロードしてほしい。

ミリシタの公式ページへ

関連コンテンツ



1 個のコメント

  • ミリシタとシャイニーカラーズは根本的にコンテンツの方向性が違うんだから比較してもなーと思いました
    シャイニーカラーズは、まさに近年のアイマスシリーズで失われつつあったプロデュース感を取り戻すために作ったわけであって
    つまりは、まあ獲得したいユーザー層が違うってわけですよ
    どっちも良いゲームですよね

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。