【ポケモン】卵(タマゴ)孵化厳選時の暇潰し方法【動画、音楽】

対戦用のポケモンを厳選するのにいまだタマゴ孵化での厳選は避けられません。

第8世代の剣盾でも親からの個体値は5つまでしか受け継がれない仕様のため、最悪の場合1ボックス以上タマゴを孵化させても狙った個体のポケモンが産まれない可能性があります。

また、色違いポケモンをタマゴから孵化させようとする場合はさらに長期戦を覚悟する必要があります。効率のよい孵化方法を行っても数百個タマゴを割らないといけないことも。

なので、このページではポケモンのタマゴ孵化作業中に少しでも時間を有効に使えるように暇がつぶせる方法をまとめてみました。

暇つぶし時の条件

実際の暇つぶし方法をおすすめする前にどんな暇つぶしが理想か挙げていきます。

手を離さない

孵化厳選中は基本ゲーム機から手を離せません。

孵化作業に時間がかかるとはいえ、ポケモンは世代を重ねるごとにタマゴ孵化のスピードは早くなっています。

小道具(わりばしとか)を使って物理的に自動孵化装置を用意したとしてもタマゴが発見、孵化されるたびにAボタンを押す作業が頻繁に発生します。

毎回ゲーム機から手を離したり持ったりとしているとあまり作業効率的にはよくはないでしょう。

そのため、手を離さない暇つぶしがおすすめです。なのでマンガを読むのはあまりオススメしません…。

集中力を切らさない

タマゴ孵化作業中はあまり集中する必要はありませんが、親ポケモンの個体を入れ替えるときに預かり屋(育て屋)で違う方の親を引き取ってしまったり、全然関係ないポケモンを親として預けてしまうなんてミスはたまにあります。

なので、暇つぶしをするのであれば、最低限の集中力をゲームに向けられるような作業のほうが合っています。(あまり画面から目を離さないような作業が理想です)

ひまつぶし作業まとめ

では、ハンズフリーかつ集中力を切らさないとう視点からおすすめのひつまぶしを記載していきます。

動画サイト

YouTubeで雑に見る。

雑に見れるので手元の集中力が切れにくいです。

ポケモン勢であれば対戦実況を見ながら孵化作業をすればポケモンバトルの知識もついて一石二鳥です。

YouTubeへ移動する

アニメ、ドラマ

テレビでアニメやドラマを観ながら作業する方法です。

ただ、個人的にはあまりおすすめはしません。映像作品はしっかりと向き合って視聴してほしいと思っています。

実際に自分もテレビを見ながらタマゴ厳選をしていた時代がありましたが、テレビの内容がほとんど記憶に残らなかったので微妙でした。

ひとにもよるとは思いますが、ながら視聴はやめるべきだったなと後悔しています。

音楽を聴く

音楽だと両手も視線もゲームに集中できるのでおすすめ。

イヤホンを使えばどこでも聴けるので外出先で孵化厳選をするときにも役立ちます。

今だとサブスク(月額制)の音楽配信サービスも充実してきているのでずっと聞いていられます。

音楽配信サービスのページへ移動する(Amazon Music Unlimited)

オーディオブック

耳で書籍が楽しめるオーディオブックが個人的にかなりおすすめです。

孵化厳選中は無駄な時間を過ごしてる気分になりやすいですが、本を聴きながら作業をすれば勉強も一緒にできるので時間が無駄になりません。

特に色違いポケモンの孵化作業は長期戦になるので1時間以上聴けるボリュームの本で一気に知識が得られるのはすごくいいと思います。

オーディオブックのページへ移動する(Audible)

ここで紹介するAudibleというサービスは無料登録をするだけで本が1冊プレゼントされます。

無料体験のあと2ヶ月目から月額費がかかりますが、1ヶ月目の無料期間中に退会をすることができます。

退会の際、プレゼントされた本や自分で購入した本は退会後でも繰り返し聴くことができるのでご安心ください。

オーディオブックには優良な小説やビジネス書がたくさんありますし、中にはラノベ(ライトノベル)のタイトルも取り揃えてあるので無料体験をしないのは損かもしれませんね。

Audibleのページ(無料体験)へ移動する

さいごに

ポケモンは世代を重ねるたびに厳選や育成が楽になってはきていますが、それでもタマゴを孵化させる作業は完全になくなってはいません。

なのでタマゴ孵化作業中の時間を有効活用していきたいところです。

たしかに、ぎんのおうかんで個体値そのものは変更できるようになったのでわざわざ理想個体を孵化作業だけで狙う必要もなくなってきましたが、

それでもぎんのおうかんを無駄遣いしないために今回紹介した暇つぶし方法で上手くタマゴ厳選に挑んでいきましょう。

↓SNS共有ボタンは下にあります

関連コンテンツ