SideM ST@RTING LINE0304リリイべ(昼)

どーもお久しぶりです。せつです。

最近はアイマスのイベントに行ってもブログに反映させられてないんですよね~。

今回は1年前から始まった新しいタイトル「THE IDOLM@STER SideM 」のイベントに初めて参加してきましたー。

会場は表参道GROUNDでオールスタンディング形式。

会場に着いて思ったことは

「男性がひとりも見当たらない・・・」

これもうアイドルマスターのイベントじゃないのかもなんて会場に入ってみると、ようやく男性をちらほら発見。(トークパートの質問で男性だけが手を挙げてたのを見ると全体の1.5割くらいかなぁ)

また、開演前BGMでコールを入れたり、歌ってるひとたちが「まだ始まってないからw」と恥ずかしげにやってるのを見て、
あぁ…この感じやっぱりアイマスのイベントではあるんだな。と確信w

開演するとすぐにスマイル・エンゲージHIGH JUMP NO LIMITを披露。

やっぱりスマイル・エンゲージはよい。梅原君は相変わらずイケメンでした。
振り付けが男性っぽいビシッとした振り付けだったなあって印象です。

HIGH JUMP NO LIMITではメンバー5人がやっぱり男性アイドル的なパフォーマンスをしており、
サビの「ハ~イ」で伸ばして「ジャ~ンプ」のところで揃ってジャンプしてる様はなんだか少年さを感じましたね。

2曲終了後仲村君司会でトークパート。
CD収録のお話や山手線ゲームをしてました。

今回の参加者はレコーディング経験のなかったひとも多かったらしく
そこらへんの初々しい話がありました。

その後JOKER↗オールマイティ想いはETERNITYを披露。

JOKER↗オールマイティは事前に告知されてたようにタオル曲となっていて、
メンバー5人が所狭しとタオルを回してステージを駆け回ってました。

想いはETERNITYはクールな男性アイドルのような曲で、3人とも力強く歌ってました。

最後に仲村君含む9人でDRIVE A LIVEを披露。
あのステージに9人は密集状態でしたが、
陣形をしっかり整えてました。

終演の掛け声として
「アイマスですよ、アイマス」で締め。
まさかこの締め方をSideMでもするとは思ってませんでした。

余談ですが、入場前に入口でコール表を配ってる有志の方がいました。
1439702023_IMG_4162
こんな感じに各ユニット1枚ずつで、裏にコール表が載っている感じ。

また、物販ではTシャツのLサイズのみ売れ残ってており、
ここでも客層の違いを実感しました。

ひとまずイベントの感想は以上です。

ここからはSideMの中の人を知らないひともいるかもしれないので(自分も知識はほとんどないです)
今回の出演者の特徴やなんかを箇条書きしてみたいと思います。(あくまで自分の所感です)

ユニット名:Beit(バイト)
梅原裕一郎(鷹城 恭二役)…おとなしい系イケメン。
堀江瞬(ピエール役)…がんばってる感じが伝わってくる。
高塚智人(渡辺 みのり役)…プロデューサー出身らしい。

ユニット名:High×Joker(ハイ ジョーカー)
千葉翔也(秋山 隼人役)…チバショーさん。
永塚拓馬(冬美 旬役)…すごいキャーキャー言われてた。サラサラヘアーっぽそう。
渡辺紘(榊 夏来役)…トリッキーな笑いが好きそう。
白井悠介(若里 春名役)…ヘアバンドが暗い色だったのか自分の位置からは確認できず。
野上翔(伊瀬谷 四季役)…一番よくしゃべる。キャラに倣ってなのかメガネ着用。

ハイジョは5人いるからか1人ずつ特徴を捉えるのが難しいですね…。

関連コンテンツ