【ミリシタ】THE@TER BOOST!お疲れ様でした感想【アイドル投票TB】

前回の記事:【ミリシタ】投票先は決めましたか?【 #アイドル投票TB 】

ミリシタの投票企画「THE@TER BOOST!」が2018/01/22で終わりました。(1ヶ月以上に及ぶ長き戦い)

なんというか、担当が最後まで走りつづけてくれていたので投票企画期間中はずっと楽しかったです。

TAのときは最初から1位争いにも入れなくてあんまり楽しくはなかったかな…。

もちろん風の戦士とビビットラビットの戦いや組長争いとかはちょこちょこ見てましたが。

そういう意味では今回の役は票の入れ先がわかりやすかったのがラッキーでした。

次に、同じ担当の味方が気合いの入ったひとたちばかりだったのも最後まで心が折れずに助かりました。

実際、年末くらいに8000票くらい差が離れたときはかなり心が折れかかってました。今見返したら8000票だけの差だったのですが、ここで引き離されちゃうのかな…って。

ただ、そのときにしっかり追いついてるのを見て、なにもこわいものはなくなりました。(むしろ終盤の味方がいちばんこわかった)

ラッシュがかかって、大幅に差を広げられたときはそうなる覚悟もしていたし、避けられない道だとは思っていたので心のダメージはほぼゼロでしたが、周りの空気にはすごく敏感になってました。

案の定、周りからはもう決着がついたという声がかなりあったのですが、味方からはそんな声はほとんどなく、むしろ追い上げるための企画を試行錯誤してくれていました。(たぶん内心すごくブルブルしてたとは思いますが)

そうして練られた企画ですが、ただ勝つためではなく、担当らしさ、そして、みんなで楽しめるようにといった趣旨が前面に押し出されていた企画でした。

最初はツッコミを狙ってやってた感じに見えましたが、自分が思ってた以上に反応がよかったのは、そのときの流れだけじゃなく、いままでの積み重ねがあったからだと今は思います。

確かに今回の企画は白黒がはっきりつく勝負という世界だったので、焦りが生じてギスギスすることもありました。

ただ、終盤になるにつれて、味方からは楽しむことを優先してやろうという感じが漂ってきましたし、自分もつい楽しみながら輪の中に混ざっていった感じがします。

そんな楽しい雰囲気につられてか、見えない輪が大きくなっていく感覚もすごくありました。

これだけ楽しければ、負けたとしても多くのものが残る。そう確信しました。

さいごに、ほんとうに楽しかったです。味方、敵、他のひとも、みなさんありがとうございました。

見えないなにかをすごく感じることのできた1ヶ月だったと思います。

最後スピリチュアルっぽくなったのは気のせいだよ。

以上

前回の記事:【ミリシタ】投票先は決めましたか?【 #アイドル投票TB 】

【ミリシタ】シアターチャレンジに向けてTBを振り返る

2018.10.24

関連コンテンツ