SideMの好きな曲をガチで10曲選んでみた【2018年11月】

スポンサードリンク



2018年11月24日

先日SideMで4thライブの発表がありました。

今度はSideMのゲームタイトルが発表された会場であるSSA(さいたまスーパーアリーナ)でライブだそうです!

最速先行はまたアソビストアでしょう。きっと。

アソビストアプレミアム会員、アイマスライブ先行のために入会するのは得?

2018.07.07
スポンサードリンク

アイマス全体でSideM曲の普及率は高くない

正直なところ、SideMの楽曲はアイマス全体で見たらあまり浸透率が高くないように感じます。

理由としては、アイマスがもともと男性メインのコンテンツだったので、SideMにまで手を伸ばすひとが多くはないこと。

またはSideMは触っているけど、ライブに行くほどの動機まではないというひともいるかもしれません。

まあ他タイトルを追うだけでも大変ですからね…。あまり自分もひとのことを言える立場ではありませんが…。

「アイマス疲れ」はなぜ起きる? 無理のないアイマス利用のすすめ

2018.10.21

グリーディングツアーは1公演も回ってないですし、3rdライブツアーは7公演中2公演をLVで鑑賞した程度です。(ちなみにLVは幕張DAY1と宮城DAY2を観ました)

 

SideM楽曲は100曲以上出ている

あまりイベントには行けてませんが、SideM楽曲は2018年で100曲以上に増えていました。(数えたらだいたい120曲くらい)

SideM楽曲の中には女性アイドルでは表現できないような熱い曲やかっこいい曲もあります。

曲数が増えてきたからこそ改めてSideMの楽曲を聴くべきだと感じ、ついでに自分がおすすめな曲を10曲選んでみました。

 

スポンサードリンク

おすすめ10選

BRAND NEW FIELD

生まれ変わったJupiterの最初の曲。

楽曲時間6分を一瞬で駆け抜ける爽快さはまさにムテキでした。

Jupiter完全復活という感じです。

Dメロの“Long long journey どこまで行ける”の箇所が

「いままで色々あったけど、これからもまだまだ行けるね」感があってぐぅっ!と来きます。

Episode of Jupiterもすごくよかったですね〜。

∞ Possibilities

めちゃくちゃかっこいいんですよねー。

すごいギラギラした衣装で変なカタチをしたビーム銃を持ってるのがすごくかっこいいんですよ!

ライブだとレーザー演出も相まってかなーりかっこいい

音もギラギラしててマジでかっこいいっす!

Study Equal Magic!

∞ Possibilitiesからのギャップがすごすぎる。

この曲を好きにならないひとなんているの?というレベルのSideM問題児楽曲その1。

キャッチーな歌とダンスで惹きつけて、学びの大切さを伝える役割も果たすというとても偏差値の高い曲です。

2ndライブのときの登場シーンは度肝を抜かれました。

おもしろさとかっこよさを併せ持つS.E.Mには勝てませんなー。

With…STORY

BRAND NEW FIELDとはまた違ったF-LAGSの出発の曲。

サビの歌詞“諦めないでどんなプロローグもきっと意味があるよ”が心にずっしりとのしかかってきます。

SideMのしっとり系は人間賛歌は勇気の賛歌くらいの覚悟を感じるのがとてもいいと思います。

Legacy of Spirit

SideMの楽曲はドンドンドカドカとかピコピコピコピコとかが極端に少ないからLegacy of Spiritの感じは珍しいです。

激しいだけじゃなくて最初や途中で深く落としてるのもアンティーク感があってよさ。

Legendersの最初の曲がこれだったので度肝を抜かれました。

MOON NIGHTのせいにして

SideMのこれが嫌いなひとを知らない楽曲第2弾。

始まりのインパクトからすべてをかっさらう気満々の老若男女が踊り狂うダンスナンバー。

そりゃ映えますよ。MOON NIGHT映えです。

2番決めセリフの「おいで」で完全に仕留めにくるやつです。

DRAMATIC STARSは対集団兵器です。

 

OUR SONG -それは世界でひとつだけ-

これはライブで途端に好きになりました。

普段ワイワイガヤガヤしてるHigh×Jokerがしっとり歌い上げるときに感じるふんわりした空気がすごく心地よかったです。

2番からメンバーの裏パートも追加されるのがセッション感あってグッときます。そのときのライト演出がとてもよかった。

ANNIVERSARY DISCのCDはいいぞ…。

LEADING YOUR DREAM

ザ・PARAPARA

初めて聴いたときにすごいディスコ感のある曲だと思ってたらライブでもしっかりパラパラを踊っててよさな曲でした。

踊れる曲はいい曲。Wの曲は踊れるのが多いですよね。

個人的に“ゲンカイ製造機”というワードが大好きです。

Reason!!

めっちゃいい曲ですよね。

語る必要がないくらいカラダが好きになってる曲です。

綺麗なメロディであり、アイドルマスターアニメのオープニング曲といえばこんな感じ!がぴったりとハマってるのがすごかったです。

あとは、落ちサビからの追いサビという黄金パターンからのラスサビでしっかり溜めてアウトロへ放出する流れがほんとうにすばらしいです。

流星PARADE

Reason!!のカップリング曲、アニメでも流れましたね。

せつないながらも星のような夜空に煌めくキラキラさが音で表現されててノスタルジーさがあります。

Cherish BOUQUET

オリピ(ORIGIN@L PIECES)からはほとんど選べなかったですが、1曲だけでも…。

渡辺みのりさんのお花屋さん属性と王子様感が融合した優雅でフレグランスな1曲。

こっちまでおだやかな気分になれるので普段飲まないあーるぐれいとかが飲みたくなります。

この曲の高音部分には癒しの効果もあります(個人の感覚)

 

総評

改めてSidM曲を聴いてみると、ライブシーンも込みで好きな曲が多いなーと思いました。

男性声優ならではのダイナミックな振り付けはやはり観ていて感動します。

ライブに行く → 曲を好きになるの循環がいちばん生まれやすいタイトルだなーと思ったので、まだ一度もライブに参加したことがないひとは気軽に行って観て欲しいです!

ただし、チケットは激戦でなかなか取りづらいけれど…。

スポンサードリンク







関連コンテンツ