46人の”理由!!” 〜SideM 3rdLIVE TOUR感想(幕張1日目)〜

スポンサードリンク
<script>” title=”<script>


<script>

どうも、せつです。

2018年2月3日に「THE IDOLM@STER SideM 3rdLIVE TOUR 〜GLORIOUS ST@GE!〜」の幕張初日公演がありました。

ツアーの中でこの日だけ315プロのアイドル46人が全員集まるということで、チケット戦争に見事破れた自分もLVを観に行ってました。

映画館なのに参加者は楽しそうにサイリウムをジャラジャラさせていて、ほんとうにこの日を楽しみにしてたんだろうなと感じました。

公演を観た感想としては、2017年の秋クールにやってたアニメを色濃く反映したライブだったと思いました。

アニメの中で挿入歌やエンディングとして使われた曲はほとんどやってましたし、なによりJupiterがAlice or GuiltyからBRAND NEW FIELDを続けてやったのは間違い無くEpisode of Jupiterの再現だったと思うので、今後Alice or Guiltyを歌ってくれる機会があったとしても今回の2曲の並びで歌うことはもう一生ないんだろうなと思うほどの特別なステージでした。

2017年のアニメには315プロには19人のアイドルしか登場しませんでしたが、残りのメンバーも個性派ぞろいだというのは今回のライブで改めて感じました。

そんな個性的な46人で歌ったReason!!には色々な熱い想いを勝手に感じておりました。

reason = 理由(わけ) 。

この曲を315プロメンバー全員で歌ってくれたことにはきっと理由があったと思うんですよ。

三瓶由布子さんが最後のあいさつで言った「46人でアニメに出たい」という言葉、あれをどういう意図で捉えてよいのかは悩みますが、46人の315プロアイドルが出るアニメ版が観たいという気持ちはもちろん自分もあります。

ずっとずっと、その先へ

きっと飛び立ってくれることでしょう…。

ちょっと感傷的になりましたが、ツアーはこれが初日という…(おかしい…)

残りの公演も参加されるかたはぜひ楽しんでください〜(。・ω・)ノ゙

ここからはセトリの簡単な感想でも

01.DRIVE A LIVE(全員)
02.STARLIGHT CELEBRATE!(DRAMATIC STARS)
#センターステージ(出ベソ)いいね!って思った最初の瞬間 
03.TOMORROW DIAMOND(Beit)
#観客の姫意(悲鳴)がすごかった…。
04.Reversed Masquerade(Café Parade)
#曲も好きですが、振り付けもすごく好きでした
05.バーニン・クールで輝いて(神速一魂)
#途中の掛け合いで腕組むやつ好き(2ndライブぶり2度目) 
06.桜彩(彩)
07.Over AGAIN…(Jupiter)
#3人で指差し合うやつが尊かった 
08.Study Equal Magic!(S.E.M)
#ヘッドホンのジェスチャーをしてたり、最後のポーズをかっこよく変えてきたりと何回見ても楽しい
09.JOKER↑オールマイティ(High×Joker)
10.情熱…FIGHTER(THE 虎牙道)
#やっぱり殺陣がすごい。映像演出も現地で見れたらもっとよかったんだろうな 
11.Tone’s Destiny(Altessimo)
12.Symphonic Brave(Legenders)
13.カレイド TOURHYTHM(Jupiter/W) 
14.Fun!Fun!Festa!(Beit)
15.夢色VOYAGER(F-LAGS)
#トロッコでのF-LAGSな感じすごく好きでした 
16.もっふ・いんざぼっくす♪(もふもふえん)
#カメラがすごく近くて映像班すごい…ってなってた 
17.AFTER THE RAIN(W)
#あふたーざれいん…
18.MISSION is ピースフル!(FRAME)
#FRAMEの3人は鍛えてそうなので一度脱いでほしい 
19.夏時間グラフィティ(Beit/High×Joker/W)
#男性アイドルっぽい感じだった 
20.流星PARADE(Jupiter/DRAMATIC STARS/S.E.M)
#りゅうせいぱれーどぉ…
21.From Teacher To Future!(S.E.M)
#S.E.M…わたしに勇気を与えてくれる
22.Sunset★Colors(High×Joker)
#ふーせん!!!!! 
23.Alice or Guilty(Jupiter)
#最初イントロが流れたとき、「ヘッ!?」って叫びながらAlice or Guiltyを感じていたが、次第にAlice or Guiltyに飲み込まれていって、最後にはAlice or Guiltyと共にAlice or Guiltyになってしまっていました。そんなAlice or Guiltyも実はAlice or Guiltyだったのでしょう。というより、SideMが始まるだいぶ前からある曲の抗体が徐々に薄れていってたタイミングで摂取してしまったので、アナフィラキシーのような反応が起きてしまったといったところ
24.BRAND NEW FIELD(Jupiter)
#メンバーの顔がすごい煌めいてた、輝いてた、いい笑顔だった。Alice or Guiltyとのギャップでこれまたキラキラしてた。現地に行きたかっただけの人生だった…
25.ARRIVE TO STAR(DRAMATIC STARS)
26.Reason!!(全員)
#歌って踊る理由があった… !!
27.Beyond The Dream(全員)
EN01.GLORIOUS RO@D(全員)
EV02.DRIVE A LIVE(全員)

 

スポンサードリンク







関連コンテンツ