【田所あずさ】ころあずライブ、初参加がもっと増えるといいな【2019BDライブ感想】

2019年11月10日、

田所あずささん26歳のお誕生日おめでとうございます。

そして同日に蒲田の片柳アリーナで行われたライブ「AZUSA TADOKORO SPECIAL LIVE 2019~イコール~」

とっても最高でした。

初のアリーナライブということでいつもと違った雰囲気(主に座席があるかないか)での公演でしたが、参加できてよかったです。

同じく今回のライブに参加されたみなさまはいかがだったでしょうか。

ライブ感想

ひとまずここからはライブの感想をざっくりと。

合計19曲かな?時間は2時間半くらいだったので誇張なしに一瞬で終わりました。

開幕ギミーシェルター・ブライトネス

この曲はどんどんギアを上げてくときの使い方がやっぱりベストみたいです。

去年のライブでやったから今回は控えるだろうなと思ってたのでやってくれたときはよーいよーいって気分になれました。

そしてどんどんロックな曲からアニメタイアップの定番曲までやったあとにはライブ恒例のアコースティックコーナー。

ミリオンライブ6thの福岡公演を経験した僕たちはアコギを構える神田ジョンさんがジュリアに見えてしまった。(神田ジョリアさん)(髪の色も赤のメッシュ入れてたしね)

というか今まで座席のないライブだったから今回アコステ歌唱のときに座りながら聴けたのはとてもよかったです。この勢いでアコステライブもやってほしい。

ツボミノコエは自分がライブに初参加したときの歌い方と比べて明らかに違った、つまり田所さんの成長を感じずにはいられませんでした。

タドコロックは成長というよりシフトチェンジみたいな面で感じることが多かったので、ストレートに昔からの成長を感じるのはやはり初期の頃の曲なんだと実感しました。

今度発売されるシングルのカップリング曲であるスペクトラムブルーは沖縄民謡っぽい音が鳴ってましたね。

作詞したホリプロの大木貢祐さんが鹿児島出身とのことなのでその辺が反映されたのかな。

MCはいつものことながら控えめなトーク。

調子に乗るとすぐにやらかすというのを数多の経験則で本人が学習した結果が今のスタイルなのでしょう。聞いてて落ち着きます。

ライブの進行が恐ろしくあっという間だという話を延々としてたり、「このライブにはDJ KOOさん来ないけど大丈夫?」みたいなことも言ったりしてました。

やっぱり他イベントとの被りは結構気にしていたみたいで、お隣りのタイトルがドーム公演をやっていなければもっとひとが来てくれてただろうとは個人的に思いました。

あとはなぜかマリッジブルーを連呼してたのと、人妻声優(シンガー)として進もうかな…みたいな話もしてました。たぶんそろそろネットニュースとかで結婚報道が取り上げられるようになるはず。

そしてスロウリグレットのあと、終盤は怒涛のラッシュ。

Come on,A-Z!! (before the CUE)からのIt’s my CUE.は久々に聴けた…!!

ただ、この辺りの曲を聴いちゃうとすっごいオルスタが恋しくなってしまう(笑)

みんなでわちゃわちゃして波に乗るようなあの感覚が…。

でも、座席があるライブのほうが安心できるし荷物の管理も楽だし新規も呼びやすいからそれでいいんですけどね。

そのあとバンド紹介でついにあずさ2号のテーマ(バンド紹介曲という名目のめっちゃつよい曲)が披露。

ほんとにバンド紹介を兼ねてる曲でテンションが上がりました。MCの消極性に定評のあるバンドメンバーにうってつけの紹介曲でした。

あずさ2号のテーマから続けざまにストーリーテラー。テンションが上がった状態が続きすぎて全身がちぎれるかと思いました。(さすがに全身はちぎれない)

アンコール前さいごのイコールは壮大な締め曲って感じでした。さいごのドラムが延々に叩かれるのバンドライブって感じでいいですよね。

ちなみに、イコールという曲はD/Zealの曲を作った制作陣(高橋諒さん、きみコさん)に編曲で堀江晶太が加わるという、まさに今までの過去を未来に繋ぐような楽曲であるところもエモいです。

(参考)田所あずさ「イコール」インタビュー|ファンのみんなに寄り添う歌(音楽ナタリー)

アンコール1曲目はまぼろしのPOSITIVE SHAKING

好きなのにいままで1度も聴いたことのなかった曲だから歌が始まったときに変な声でた。

ミリオンライブのMADを観てさらに好きになった曲。

アンコールまではずっとロックバンドなライブの感じだったのに、まだタドコロックに振り切ってなかったデビュー1年目の楽曲だったので会場の雰囲気がガランと変わりました。(俊龍楽曲)

そしてジャージ(芋ジャー)+メガネ(眼鏡はほんとに幻想を見ていたかも)でした。

あのPVのやつー!!

作詞の松井洋平さんと、

編曲のEFFYさんも。

そして本人の知らないサプライズバースデー演出。

入場時にこんな紙と青のサイリウムを渡される。

サプライズゲストはころあるきの作者、忘れらんねえよというバンドの柴田隆浩さんでした。

ころあず「私にとってのDJ KOOさんです!」と、とっさに絞り出したセリフがなんとも微妙な褒め方だったのがじわりました。

開演前にお渡し用の寄せ書きもやってました。

そのあとは幸せを取り戻して謎のマリッジブルーを脱却した田所あずささん、

さいごは笑顔で新曲のRIVALSと定番の純真Alwaysを披露。

やっぱりライブ締めにやってくれる純真Alwaysが好きだー。

さいごのラララララララのところは単独のライブじゃないと居合わせられない空間。これが最高。

豆知識:純真AlwaysとFairyTaleじゃいられないの作詞作曲は同じひと(結城アイラさん、堀江晶太さん)です。

アリーナライブ

今回単独では初めて座席ありのライブでした。(自分の記憶上では)

MCでも「いつか椅子に座らせてあげたいと思ってた」となぜか田所あずささんに養われてた気分に。

そんな会場の片柳アリーナですが、キャパシティ(収容人数)が4000人も入る立派なアリーナ箱でした。

こんな会場があるなんて知らなかった。ただ、あんまりライブをやるような雰囲気の会場ではなかったかなとは思いました。(雰囲気がやはり体育館っぽい)

しかし、当日は2階席がほとんど埋まらず、1階席も空席がところたどころある感じで当日券も出てました。

ツイッター広告もプロモーションでちょくちょく流れてたから結構集客に必死だったのだと思います。

Zeppクラス(だいたい2000人)なら売り切ることができていて、今回も2000人は入ってた感じはありましたが、2000人と4000人の壁は大きいのでしょうね…。

あとはお隣りがDJ KOOを呼んでドームライブをやってたのが随分影響があったと思います。

そんななかでも全力のパフォーマンスを届けてくれましたし、さいごのあいさつで言った「どんな場所どんな人数でも歌を全力で届ける」という言葉はこれからも信じていきます。

同じく終わりのあいさつで言った「今度は満席にできるようにする」という発言も自分は必ずできると思ってます。

実際にライブに参加したひとは楽しかったと言えるステージでしたし、

ころあずライブ初参加でちゃんと楽しんで帰ってくれるひとも多かったです。(ツイッターで検索してました)

ひとえにアコースティックとかでしっかり歌を聴かせてくれる時間があることや座席を用意したから安心して参加できるようになったからだろうなと思います。

これからはどんどん座席ありのライブも用意してご新規を呼び込みやすくしていく方針になるのでしょうか。

他のイベントとの被りはもうしかたないと思うので、今回にくじけずまた何度も挑戦してほしいです。

改めて、26歳のお誕生日おめでとうございました。次もライブ参加します。

関連コンテンツ