シン・ゴジラ世代のキング・オブ・モンスターズ感想【KOM】

雑記が過ぎますが、2019年のハリウッド版ゴジラ『Godzilla: King of the Monsters』を観ましたので感想を書いて行きます。(以下KOMと表記)

※本記事は該当映画のネタバレを含みますのでご注意ください。

筆者のゴジラ歴

タイトルに「シン・ゴジラ世代」と書いてあるので察してもらえたかと思いますが、

自分は今まで歴代ゴジラ作品にはまったく触れてきませんでした。

KOMを観るまでに観たゴジラ作品はシン・ゴジラ虚淵ゴジラ(アニメ版)だけです。(メカゴジラシティの設定はすんなり受け入れられた)

あとは実家にゴジラの人形が置いてあったな〜ってくらいです。(親がゴジラファンというわけでもなかった)

これらを前提とした感想となりますのでご留意ください。

KOM感想

全体的な評価

まず全体的な評価として、

ゴジラ歴代作品を観ていればより楽しめるオマージュが散りばめられているらしいですが、

自分のような全くの素人が観ても怪獣(巨大生物)の迫力とウワサよりは許容できるストーリーで十分に楽しめました。

というかめちゃくちゃおもしろかったです。

ただ、2014年版のハリウッド版ゴジラと『キングコング:髑髏島の巨神』の続編だということを知らなかったので、

せめてこの2作品を観てから行ってもよかったのかなとは思いました。(観ないでもおもしろかったですが)

歴代ゴジラ作品はアマゾンプライムで全作観ることができます。

Amazonプライム会員公式ページへ

KOMを観る前でも、観たあとでもゴジラに入りびたれるようになってるので安心してKOMを観に行ってください。

また、『キングコング:髑髏島の巨神』はプライム特典(見放題)の対象にはなっていないのですが、200円ほどでレンタルが可能です。(便利な時代になりましたね)

キングコング:髑髏島の巨神のプライムビデオページへ

怪獣ファイト感想

ミーハー故にツイッターで評判になってたので観に行き、(そのため続編ということも知らなかった)

ゴジラ以外にキングギドラモスララドンが出てくると知ったので、怪獣どうしでドンパチする映画なんだろうなと思ってました。

ちなみにKOMを観るまではラドンという怪獣の存在を知りませんでした。

結果、すごいドンパチしてました。

このドンパチを観ただけでも「映画を観た…」って気分になれましたし、

なにより想像してた以上にスピード感があってかっこよかったです。

怪獣映画ってなんか鈍い動きのイメージがったんですよね。

特に最終決戦でキングギドラの頭がゴジラの口から出てきてそのまま消滅させられるシーンはゴジラの圧倒的王者感を見せつけるのにこれ以上ない映像でした。

ゴジラの仲間であるモスラはすごくゴジラ愛というか仁義的なものを感じました。

モスラは極道もので言う姐さんって感じでしたね。美しくもありかっこよくもありました。

キングギドラも空の王者たる風格があり、首が再生するところや首どうしでコミュニケーションを取っているところはまさに巨大な生物として認識できました。リアルです。(リアルとは)

ギドラがゴジラを掴んで投げる攻撃がちきゅうなげっぽくて好きでした。

映画を見た後にラドンがごますりクソバードと言われていることを知り爆笑しました。あいつはごますりクソバードです。

キングギドラが消滅してもなおゴジラに一瞬反抗的な態度を見せたのは小物感がすごかった。ホルホースみたいでしたね。(急に挟まれるジョジョネタ)

人間ドラマ感想

ネット上だと怪獣ファイトと人間ストーリーを分けて評価しているひとが多くいたので分けてみました。

個人的にはストーリーもほどほどによかったです。

なんにせよ前作を見ずに続編であるKOMを観てしまったせいか、

登場する団体が既に怪獣の存在を知っていて、さらに管理下で隔離までしていたのは世界観の理解が追いつきませんでした。

怪獣を復活させて地球の自然を取り戻すという計画も規模がデカい話すぎて共感のしようがなかったです。

なので単純に家族を殺した怪獣(ゴジラ)に家族を救われるというジレンマ的な話に惹かれました。

母親ももしかしたら生き残れるんじゃないかと期待しましたが、ヒートゴジラになった時点で「あっ…無理か…」って悟りましたよね。

あとこれも2014年版を観てなかったので成り行きがわからないのですが、

渡辺謙めっちゃゴジラ好きじゃんってなりました。ゴジラのペットになってもいいと本気で思ってる顔でしたよあれは。

水素爆弾をゴジラに与える役目は別に渡辺謙じゃなくてもいいよね?と思いましたが、結局あのシーンは渡辺謙が魅せないと駄目だなーともなりました。

さいごだけ日本語でしゃべる演出も単純に日本人の心が反応しました。

あとは他のゴジラ作品にも言えるのかもしれないけど、コイツら被爆が恐くないのか…!?って思いながら終始観てました。(シン・ゴジラの影響が大きい)

まとめ

ほどほどのヒューマンストーリーと最高の怪獣ファイト、さいごにゴジラの主題歌を足しておけばいい作品になるぞ!って感じの作品でした。

ほんとにシン・ゴジラしか見てない人間だったので、ゴジラが味方(と言っていいかは疑問)の設定は甘えだな…という感想に落ち着きました。

KOMを観たあとに初代ゴジラを観たので、そのままの勢いでゴジラ学を履修しようかなと思います。

まずはモンスターバース作品を観ておかないともやもやする…。

↓SNS共有ボタンは下にあります

関連コンテンツ