【ミリシタ】リフレッシュタイムの過ごし方【周年イベント】

スポンサードリンク
<script>” title=”<script>


<script>

ミリシタの2周年イベントUNI-ON@IR!!!!(ユニオンエアー)も終わりましたね。

今回のイベントから追加された機能「リフレッシュタイム」

6時間強制的にイベント参加できなくなる代わりに、6時間後ブーストアイテムがもらえるという機能です。

1周年のときに寝ないでイベント参加して入院されたプロデューサー(もとい馬鹿野郎)がいたため、同じ悲劇を出さないために設定されたルールという噂をよく耳にします。

そこで少し気になったのが「リフレッシュタイム中はなにをやるのがいいのだろう」ということ。

せっかくなので遊び半分でリフレッシュタイムの過ごし方について調べて見ました。

スポンサードリンク

リフレッシュタイムをどう過ごすか

では実際にリフレッシュタイムの過ごし方について

睡眠

基本的には睡眠に充てるのが正しいかなと思います。そのための6時間。

ただイベント中に6時間ぐっすり眠れって言われてもそわそわしちゃって2時間くらいで目が覚めちゃいそう…。

そしたら残り4時間をイベントに充てる…ということをしないためのリフレッシュ制度ですからね。睡眠も仕事の内なのでしょう。

仕事

仕事中にスマホをいじれないひとにとっては6時間の調整を仕事中に持って行くことも多いわけですね。

ただ、仕事といえど休憩時間くらいはあるわけで、休憩時間にまったくイベント参加できないというのももどかしいところ…。

家事

休憩と同時に家事も済ます。ガチでヤバいひとはほんとうに画面に向き合いっぱなしになると思うので、基本的な生活を整えるためにもやはり6時間のゆとりは必要か。

外出

土日のイベント参加や遊びに行く時に思い切ってリフレッシュ設定をするのもありですね。

コラ画像作成

コラ画像というかネットをチェックしたりするのもリフレッシュの一部ですよね。

設備追加

イベント中に端末課金は珍しいと思いますが…。

さいごに

6時間を睡眠や仕事に当てるひとが多い印象がありました。

自分も仕事のあるときは仕事中にリフレッシュを設定して(リフレッシュできてない)、休みのときは00:00〜06:00で取って睡眠をしてました。

といってもしっかりイベントを走ってたわけじゃないですが…。

同じ6時間でも2時間+4時間で区切ってリフレッシュできたらよかったなと思いましたが、そうするとちゃんと休めなくなるパターンも出てきそうです。

リフレッシュタイムの真の目的は全員が6時間動けない状態になることで休むときも不安を感じず休めるのが一番のメリットだったことでしょう。

みなさんはリフレッシュタイムになにをして過ごされましたか?

スポンサードリンク







関連コンテンツ