声優になるにはタピオカ屋に並ぶな【養成所】

「声優志望者は専門学校にも養成所にも行くな!」音響監督・長崎行男と福原慶匡Pが明かす、声優業界のいま【インタビュー】(アニメ!アニメ!)

ラブライブなどの音響監督をしている長崎行男(ながさきゆきお)さんとけものフレンズなどのアニメプロデューサーをしている福原慶匡(ふくはらよしただ)さん(とても偉い人)のインタビュー記事。

スポンサードリンク

声優養成所に行かないほうがいい理由

声優の養成所や専門学校はブームのときに設立された、声優志望の若者(?)からお金を徴収するビジネスで成り立っているところがほとんどだそう。(もちろん真面目に声優を排出しているところもある)

まさに2019年の夏になぜか流行ったタピオカ屋が女子高生を相手に商売をしているようなものだろう。

しかも養成学校はお金と時間がタピオカの比ではないくらいぶんどられる。タピるとか言ってる場合じゃない。

養成所側も見込みのないひとと知っていながら飴を配っている。受験の塾と同じようなものだ。

二月の勝者 ー絶対合格の教室ー (1) (ビッグコミックス)

二月の勝者 ー絶対合格の教室ー (1) (ビッグコミックス)

高瀬 志帆
596円(11/12 18:14時点)
発売日: 2018/02/09
Amazonの情報を掲載しています

もちろん真面目に声優を排(略)

声優のなりかた

該当の記事を読んだ感じ、声優になるにはまず自信が必要ということでした。

声の大きさや美しさだけでなく、どれだけしゃべっても声が枯れないとか持久力的な自信でもいいらしい。

それと意欲、積極性だとのこと。

つまり、養成所に入学金を払う前にしっかり業界の勉強をしましたか?ということらしい。

就職活動時期に業界研究なんてこれっぽっちもしなかった自分にとっては頭の痛い話だ…。

業界の勉強をすれば養成所に入らなくても声優になれる方法はあるということで、それでもなお養成所に入るメリットを感じたのならそれでもいいけど、そうでないならその時点で望み薄だとかなんとか。

いきなり声優になれる例としては新人オーディションだという。

確かにアイマスでも新人しか募集していないオーディションから攻略していくことになる。運と実力があれば学校に行ってわざわざレッスンを受けることも不要だろう。(レッスンが不要とは言ってない)

そして、経験値が上がればさらに上のステップが見えてくることになる。レッスンでは埋められない壁がそこにはある。

スポンサードリンク

流れはドル売り

アニメ業界のイベントビジネスへの移行(曲解すればドル売りの流れ)は養成所ビジネスをするよりも街でかわいい子を連れてきて鍛えたほうが売れるという図式。(新手のスカウト詐欺とか既に横行してそう)

確かに1人の声優を1日拘束させれば30万円が入ってくるというのであれば事務所はそっちを狙うでしょうし、人気声優の過労も目立つわけですね。(果たして業界の健全化と呼べるのか…?)

というわけでこれからもトークショーやアイドルもの作品がどんどん発射されるっぽいのでお楽しみに。

というより、最近は声優の有料ラジオ番組が流行りまくってる印象があるので、こっちのほうが声優の負担とか拘束時間を考慮してもコスパよく徴収できる仕組みなのかもしれない。

さいごに

声優業界は明らかにレッドオーシャン(供給過多)なので声の自信はもちろん、なにか一芸があるといい気がする。もしかしたらまだバンド需要はあるのかも。

さいごに、この記事に書いてあること(流用元の記事以外)は全部素人の意見なので、ほんとうかどうかはちゃんと調べておいてほしいです。調べることで世界が変わる。

あと、なにをするにしても「アイカツ!」を観ることが人生を変えると言っても過言ではない。

アイカツ!はdアニメストアに登録すればアイカツスターズやアイカツフレンズまで観れるので実質無料です。

作品数、会員数No.1!ドコモ公式/dアニメストア

関連コンテンツ