縁起のよい初夢のようでした〜初星宴舞感想〜


せつです。765単体の話題を書くのは久しぶりです。

2018年1月6日,7日に幕張メッセで「THE IDOLM@STER ニューイヤーライブ!! 初星宴舞」が行われました。

元祖765プロ単独でのライブイベントは9thライブぶりだったので実に3年越しのライブでした。

しかもニューイヤーライブというタイトル通り新年早々の開催。いままでこれだけ早くライブはなかった記憶なので新鮮でした。

そして会場前には長い幕が

幕の画像は公式ページに上がってるので確認してみてください。765の13人だけでなく、いままで765に関わってきたキャラが並んでいてとても感慨深いです。

次に、今回の公演の特徴をざくっと並べてみます。

1.いままでになく豪華
ライブが始まるときのSE(入場BGM)がいつものTHE IDOLM@STER(歌マス)のSEと違う?と思った瞬間、和テイストなアレンジが加わったTHE IDOLM@STER 初星-mixという今回のライブのために作成された新しいverが一曲目に披露されました。すごく新年を感じるすばらしいアレンジになってて耳が幸せでした。

新アレンジだけではなく、ライブ演出が普段のライブより格段にチカラの入ったものとなってると感じました。

ファイヤーやスモーク、レーザーなんかもガンガンに使っていて、歌う場所という意味だけでなく、視覚的にもすごくライブ感溢れる鮮やかなステージになってました。

ニューイヤーライブというタイトルに負けない豪華さで、縁起がよかった気がします。

2.すごく懐かしい(会場の雰囲気が)
765単独ライブの空気をひさびさに感じましたが、昔と変わらなかったです。シンデレラやミリオンとはやっぱり空気が違う。よりホーム感を感じました。

分母の曲数が多いのでもはや何が来るかわからないあの感じも懐かしい。

若林さんがいっぱいいっぱいで言った「もっと声出して〜!」が懐かしすぎて撃沈。

おにぎり波も懐かしすぎて「磯くせ〜」って言うところで「なつかし〜」って叫んでました。

あの頃に帰ってきた感じがしました(ほっこり)

3.これでもかってほどのすばらしいセトリ
久しぶりのライブだったからなのか、セットリストに出し惜しみは一切感じられませんでした。

ずっと聴きたいと思っていた曲がごそっと使用されて、「もしかして明日死ぬんじゃないか!?」って連番者のひとと騒いでました。(まだ生きてます)

MA3収録曲なんかの未公開曲もそうですが、5th〜7thライブぶりに歌われた曲もたくさんあって、7thライブが終わった頃にアイマスを始めた自分からしたらまさかこの曲を聴けるとは思ってなかったというのがたくさんありました。

ここからは特に記憶のある曲の感想を…

セトリはアイマスDBさんのものを使わせてもらいます。
セトリ(1日目)
セトリ(2日目)

トリプルAngel
パヤパヤパー
下田さんのステージパフォーマンスはわちゃわちゃ具合がいつもすごいと思ってますが、この曲についてもすごいカラダでの表現が多彩だなーと感じました。すごく楽しそうなんですよね…。

LEMONADE
CDで聴いたときから、いままでと比べて異色感すごいけどすごく耳に残る曲だと思いましたが、ライブで聴くとより別世界感が増してすごくよかったです。今度は雪歩とのCDオリジナルデュオも聴きたい。

Funny Logic
これはほんとにCD聴いたときから、あぁ〜!ってなってたのですが、ステージの振り付け見て、なんだろうこの気持ち…駄目になりそう〜といった衝撃を受けるなど。MASTER PRIMALシリーズの曲がどれも地上を使わず飛び越えて向かって来るんですよね…。

Day of the future
あのDay of the futureさんをやっと聴くことができました。6thライブでやって以来で、映像で見て振り付けが好きだったので、いつかライブで見たいと思ってました。イントロの威力がつよすぎて痙攣を起こすレベルです(そこまでかは要検証)

Next Life
いままで映像で見てたNext Lifeもすごかったんですが、今回のはとてもえげつないNext Lifeでした。というか低音の響きが気持ちよすぎたのとレーザーがバンバン飛んでて完全にNext Lifeの世界に連れていかれました。沼倉さんのダンスもキレキレすぎて今回一番印象に残った曲と断言できるくらいには衝撃がつよかったです。

edeN
Next Lifeが終わって衝撃のあまり立てなくなって一旦イスに座ったのですが、次の瞬間edeNのイントロが流れて強制的に体がスタンドアップしてました。セトリに体を操られている感覚ってのがこういうことなんだろうなと思いました。次のFate of the Worldで控えている長谷川さんの代わりに智秋さんが出てたのですが、落ちサビのところのフォーエバーラーのところがとてもすごかった。

合言葉はスタートアップ!
ここで来るとは思ってなかった!!もちろん予想しようと思えば出来たと思いますが、765のライブは予想のしようもないし…と諦めてたので完全に不意打ちを食らってました。Just be myself!!のときもそうですが、ミリオンライブの曲は聴き馴染みがありすぎて、イントロが流れると頭より先に体が反応するようになってます。5人揃っての合言葉…最後まで聴けないものだと思ってたのですごく嬉しかったです。

全力アイドル
MA3の中毒曲。釘宮さんから漂うオーラもすごかった。普段中の人は演者か役のアイドルに見えるかということがほとんどですが、このときの釘宮さんは釘宮理恵というアイドルがいるかのような感覚で、画面越しの自分は全力のアイドルオーラに当てられてしまっていました。

ら♪ら♪ら♪わんだぁらんど
くってねてあそべ! くってねてあそんじゃえ! くってねてあそぼ!
自分の経歴的にアニマスよりもぷちますのほうが近かったのとそのときの曲だったので、楽しかったです。1日目がすごいセトリすぎて2日目もう流す曲ないんじゃないの?って言ってましたが、聴きたかったわけじゃないけど、やってくれてありがとうございます!という気持ちになった2日目

オーバーマスター
幕張メッセ5thライブ以降活動のなかったプロジェクトフェアリーのオーバーマスターがまさかその7年後に同じ場所で復活するとは思わないじゃないですか。肌で感じるカリスマオーラ、これがプロジェクトフェアリーのオーバーマスターか…!!となりました。炎もバンバン打ち上がってて伝説的な光景でした…。

Rebellion
もう聞き飽きたの同じようなRebellionは…って思ってたのですが、迷走Mind追憶のサンドグラスからのRebellionの流れが完璧すぎてセトリに拍手してました。最初から心を掴まれたものだから曲の間ずっと脳汁がドバドバミンで極まってましたし、久々に見る真実の赤が懐かしすぎて興奮したし、そのあとの浅葱と赤のレーザーのビッグウェーブすごすぎてすごかったし、さいご我那覇響が顔を覗かせてたしで、もうこれなんなんだっ!!なんだこれっ!!最高だよっ!!Rebellion最高かよっ!!ってなってました。

CRIMSON LOVERS
すごい。もうね…すごい。はぁ〜765のライブはすごいねぇ〜。12年以上経ってなんでこんなバイタリティーの高いライブができるの…。わかんない。わかんないよ…。

細氷
10thライブのときは場所があまりよくなかったのかあんまり音が伝わってこなかったのですが、今回聴いたときこれが細氷かー!と納得したような気持ちで細氷を眺めてました。2日間ともトリで登場した今井さんですが、2日間とも気合いを倍プッシュしたような迫力で鬼気迫るものを感じました。

他にも記憶に残ってる曲はありますが、言葉に上手くできそうにないので割愛します。

さいごに、

小籠包(しゃおろんぱお)はいいぞ

あと、2018年2月10日,11日にディレイビューイングがありますので、ライブを見逃したというひとや、ちょっと見てみたくなったという方はぜひ参加することをおすすめします。(チケット代が気軽に買える値段設定ではないのですが、それでも行ってみる価値はあるのかなと思います)

ではでは。以上です。

関連コンテンツ