Jabra Elite 75tと65tの違いを比較【ワイヤレスイヤホン】

6月にJabra Elite 75tを買ってしまいましたー。

2019年の12月に先代機であるElite Active 65t(Activeというのは防水性が強化されたもの)を買ったのですが、買って2週間で片耳を電車の下に落としてしまい意気消沈してました…。

それからしばらく3000円くらいのワイヤレスイヤホンを使っていましたが、在宅であることが増えてきたのでそうそう落とさないだろうということで75tを買っちゃいました。

というか65t買ったのまだ半年前の話だったのか…。そういえば1年前に消失したのはAirPodsだった…。

要点
ワイヤレスイヤホンの最大の弱点はすぐ失くすということ

↓65tのときの感想はこちら

Jabra Elite Active 65tの購入後感想レビュー【完全ワイヤレスイヤホン】

2019.12.09

65tと75tの比較

では本題ですが、65tと75tのどちらも使ってみて、

75tは65tとどのくらい違うのか?

価格が1万円も上がる価値はあるのか?

みたいなところを紹介していきます。

充電ケース

まず、65tと75tを分ける大きな違いは充電ケースです。

軽量化というよりはスリムになりました。

そしてフタがマグネット式になって簡単に開けられるようになったのがデカいです。

あとは充電ケーブルがmicroUSBからType-Cに変わりました。エラい。

本体の大きさ・付け心地

本体の形もだいぶコンパクトになってます。

付け心地に関しては65tのフィット感が好きすぎたので75tはそこそこな感じでした。激しく動いても外れることはありません。

操作方法

65tの操作方法はあまり覚えていないですが、本体ボタンは75tのほうが軽く押せるようになりました。

あとは音量調整が長押しでするようになったとか、色々です。

詳しくはマニュアルを見てください。

75tマニュアル

65tマニュアル

結論

結論としては

75tが圧倒的に優れてるわけではないという感じです。

もちろんどの点に対しても65tよりグレードアップをしているのですが、65tもかなり優秀な機種だったのと、価格を考えると65tを薦めてもいいのかなという感じです。

充電ケースに関しては65tの最大の弱点であるフタのかたさを75tで完全に修正してくれたのですごくいいです。充電がUSBType-Cになったのもこれからの時代はいいかもしれません。

なのでコスパ優先なら65t、少しでもいいものを使いたいなら75tがおすすめです。

Active(高性能の防水)は保険として選択するくらいでいいと思いますが、Activeでなくてもそこそこの防水機能はありますし、そもそも失くしたら防水もクソもありません…(トラウマ)

↓SNS共有ボタンは下にあります

関連コンテンツ