つらい花粉症をほぼ完全に治療できた方法【舌下免疫療法】

今年の春、私は花粉症を克服したかもしれない…!!

どうも、せつ(@tatitutetotato)です。

花粉症ってつらいですよね。つらいとかいうレベルじゃないですよね。

私は小学生の頃からスギ花粉症デビューをしまして、鼻は詰まるわくしゃみはするわ、目もかゆくなるわ色んな液体(鼻水とか涙とか)が色んなところからずっとずっと出てくるわでかなり地獄の季節でした。

特に、夜に寝る時は恐怖そのもの。ほとんど上手く寝付けず朝からぼーっとしがち。鬱になりがち。スギの木に殺意を持ちがち。日本から離れたくなりがち。そんな感じ。

冬眠期間ならぬ春眠期間がほしいところです。

花粉症の薬も、飲むと頭がぼーっとしたりすごく眠くなったりしますし、花粉がひどいときは薬が効かないなんてこともありました。個人的には薬の服用が朝と夕の2回だからお酒を飲むタイミングも難しかった…。

とにかく、花粉症のせいで春がいちばん嫌いな季節でした。

花粉を完全に克服する手段

レーザー治療というやつも受験生の年や就活の年に受けていましたが、正直ちょっと楽になるくらいかな?ってくらいで翌年の春にはレーザーの効果は完全に消えます。

なんとかして確実に花粉症を克服する方法はないのか?

完全に治療できるのであればいくらだって払ってやる(限度はあるけど)

と考えてはや幾年、いつものように花粉症の薬を処方してもらっていた病院の待合室で「舌下免疫療法」(ぜっかめんえきりょうほう)という冊子が置かれていたのを見つけました。

せつ
ゼッカメンエキ療法…だと…?

そう、完全に治療できる方法があればいくらでも払うとか思いながらも私は花粉症治療についてちゃんと調べていませんでした…。

舌下免疫療法とは

舌下免疫療法(ぜっかめんえきりょうほう)は簡単にいえば、年中毎日アレルギー用のお薬を口の中に入れることで免疫をつける的なやつ。詳しいことは調べてください。

(参照)舌下免疫療法とは(トリーさんのアレルゲン免疫療法ナビ)

この治療で特徴的なのは、治療期間が3〜5年かかるということです。徐々に徐々に体の免疫を作っていく感じですかね。即効性はありません。

薬はシダキュアというのを使っています。

今は錠剤タイプなのですが、私が始める少し前までは冷蔵庫で保管が必要な液体タイプだったそうで、そういう意味では始めたタイミングがよかった気がしますし、錠剤タイプは旅行中でも持ち運べるので助かっています。

治療代

治療にかかる費用の話。

地獄のような花粉の季節から抜け出せるなら年に十数万円とかでも安いと思っていますが、なんとこの治療は保険が適用されて月に3,000円程度。1年に4万円もかかりません。自分の場合は診察代600円と薬代2,000円ほど。

保険が効くのはとても心強いです。国が杉の木を植えすぎた負い目を感じているのかもしれませんね(適当)

この値段でためらうひとはそこまで花粉症に苦しめられていないひとかもしれません。

注意点

舌下免疫療法には何点か注意点があります。

  • 3〜5年の治療期間がかかる
  • 毎月の通院が必要
  • 毎日の投与が必要
  • 2割は効かないらしい

まずは、長期的な治療となるところ。それに加えて効果が出ない可能性もあるというところに注意です。

5年続けてみてあまり効果がなかったらと思うとつらいですが、効果があったときのリターンがかなり大きいのでぜひ一度チャレンジしてみてほしいです。

薬を口に入れる時間は毎日同じ時間帯であれば個人で決めれたと思います。たぶん。

私は午前中に服用をしているので夕方からはお酒を飲みます。( ^_^)b

始め方

舌下免疫療法を始めるのは難しくありません。

まずは舌下免疫療法を行なっているお医者さんを下のリンクから探しましょう。どこの病院でもやっているわけではありませんので探してから行くのが効率的です。

(参照)スギ花粉症に対する舌下免疫療法相談施設検索(トリーさんのアレルゲン免疫療法ナビ)

対象の病院を探したらその病院に行って「舌下免疫療法を受けたいです」と言います。おしまい。

あとは医師の指示に従ってください ^^ 。ちなみに最初はアレルギー検査みたいなことをします。

ひとつ言い忘れていましたが、舌下免疫療法は花粉の季節(2〜4月)から始めることはできません(副作用が出やすいっぽいです)。なので最短で始める場合は5月か6月からとなります。

実際の効果(体験談)

さて、治療を始めてから3年が経過する私自身の効果の程を紹介していきます。

1〜2年目

6月に治療を開始してから1回目と2回目の花粉シーズンはほとんど花粉症の影響がでませんでした。

とはいっても、1回目と2回目の年はあまり花粉が飛ばなかった年で、なおかつ処方してもらった花粉症薬も同時に飲んでいたため、舌下免疫療法の効果かどうかが怪しい状況でした。

3年目から効果が出てくると言われる治療法で1,2年目が花粉の少ないシーズンだったのはラッキーではありましたが、正直治療が上手く行っているのかよくわからない不安感もありました。

なので、治療の効果が判断できるのは花粉の比較的多い年ということになります。

3年目

そして3回目の花粉シーズン。

他のひとの報告を見ていると、今年は花粉が結構飛んでいる年であることがわかりました。(SNSで「花粉」で検索をする人間の図)

それにメガネをかけていると、メガネに付着する花粉でだいたいの飛散量がわかってしまう特殊能力を手に入れてしまったので、やはり今年は花粉が飛んでいる年であることがわかります。

そんな花粉シーズンなのですが、

私は

花粉症の薬を

まだ一度も

飲んでいません!!!!

(舌下免疫療法薬のシダキュアは今でも毎日投与しています)

薬を飲んでいないにもかかわらずくしゃみはほとんどでないですし、鼻もあまりむずがゆくなったりしないですし、鼻水が止まらないなんてこともありません。しかも夜はちゃんと呼吸をしながら眠ることができています。

これはかなり効果が出ていると言ってもいいのではないでしょうか?

花粉に脅かされずに済んでいる春は生まれて初めてです。

ただ、まだ目はかゆくなったりするので点眼薬は使っています^^ ;

もう一度言いますが、

こんなに穏やかな気持ちで春を過ごせているのは生まれて初めてかもしれません。

それくらい感動しています。

オラ…このままいけば花粉を克服できるかもしれねぇ…。

さいごに

単刀直入に言います。

みなさん始めましょう!!

舌下免疫療法を行なっている病院に行くだけです。

注意点をおさらいしておきます。

  • 治療期間は3〜5年かかる
  • 2割は効かない
  • アレルギー検査によっては治療を受けられない

あとは花粉シーズン(2〜4月頃)から治療を開始することはできません。

どっちみち今年から始めるのが一番早いタイミングです。

今からGoogleカレンダーに予定を追加しておいて、今年の6月に病院へ行きましょう!

そしてまた春を好きになりましょう!

ではでは。ではでは。

病院によってはすでに予約はできるみたいです。

↓SNS共有ボタンは下にあります

関連コンテンツ