【アイマス】ライブ開演前の協賛企業コールはいつから?

2014年の頃にはすでに公式でも当たり前となっていた協賛企業の会社名を読み上げるコール。つまりスポンサーコール。

\バンダイ!/→(色が青に変わる)→\バンダイスピリッツ!/みたいなやつです。

三井住友VISAカード!!って言っちゃうひとは古い人間。

では、この提供企業読みはいつから始まったのでしょうか?

スポンサードリンク

提供読みの始まりは2013年

提供企業コール=協賛企業の紹介が始まったのは765の8thライブからです。(たぶん)

つまり2013年の7月7日に行われた名古屋公演からとなります。

(参考)アイドルマスター・ライブイベントの”お約束”まとめ~10th以降 ver.~(ウメブラックPのアイマスエトセトラ)

と言いはるのも、私自身の初めて参加したライブが8thライブの前にあったMUSIC FESTIV@L OF WINTER!!(冬フェス)でして、そのときには開演前に協賛企業の映像は出てなかった記憶があったからです。

8th名古屋の空気感

8thライブの名古屋公演のときは場所がZepp Nagoyaというライブハウスでした。

1階はオールスタンディング(荷物置き座席なし)ということもあってか参加者の熱気が伝わってきやすく、開演前のBGMにもしっかりとコールをする高いテンション、つまりライバーズハイってやつになっているひとがほとんどでした。

そんなたかぶる気持ちのまま協賛企業の紹介映像が流れたらそのまま企業の名前を叫んでしまうのが人の常。

そんな空気感で会場の参加者のほとんどが戸惑うことなく企業コールをしてた記憶があります。

まとめ
抑えきれないこのパッション

アイマスのオルスタ形式はおかしい!?ライブ文化の違いとは

2019.06.17
スポンサードリンク

さいごに

いまになるとさすがに自分は企業コールを冷静に聞くことが多くなりました。

けれども開演前のワクワク値が高まっているときなんかはやっぱり\グッドスマイルカンパニー!/

せつ
ライブ前の高まりを放出&増長させる意味で企業コールはいい役割をしてると思います

人はなぜ「アイマスライブ」に行きたくなるのか?

2018.11.13

関連コンテンツ